実は借入先には好き嫌いがある!属性別のオススメ

人間に趣味嗜好があるように、お金を貸す会社にも好き嫌いがあります。

会社員が好きで積極的に貸し出す所、個人事業主が嫌で貸付を貸し渋るところなど、まさに食の好みのように千差万別です。

自分のことが嫌いというような業者に申し込むよりも、好いてくれる借入先の方が審査も当然通りやすくなります。

そこで今回は属性別におすすめしたい借り入れ先をご紹介します。

皆さんも自分の得意としている貸金業者、積極的に審査を通してくれるところを把握し、上手くお金を借りれるように参考にしてみてください。

「社会的地盤がある人のおすすめの借入先」

satuwokazoeru_men

まずはド定番である社会的にある程度は地盤がある人の場合です。

社会的にある程度地盤があるというのは、一般的なサラリーマンなどのことを指し、公務員や医者など、あちらから借りてくれと言う様な職種は除きます。

会社に就職し、会社からお給料をもらう人々は、一定の返済能力や素性が確約されているので、基本的にはお金を貸してくれる属性と言えます。

言えますが、積極的に貸してくれるかと言うとそれは少し別です。

やはり、しっかりと審査内容をみられますし、おかしな部分はどんどん突っ込まれ、お眼鏡に叶わなければ落とされてしまいます。

そこでサラリーマンの方で確実にお金を借りたいという人は、銀行系のカードローンなどがおすすめです。

銀行は企業などにもお金を貸しますが、一般の方々に小口で貸し出すのも大事な事業です。

銀行系のカードローンは、奇をてらった条件を嫌いますが、その代わりに普通ということを好みます。

なので、世間一般的に大多数であろう普通に働いているサラリーマンが大好きです。

銀行系の中でおすすめを挙げるとすれば、オリックス銀行のカードローンです。

銀行系では珍しく、最短即日で借り入れ可能ですし、金利も業界屈指の低さ。

おまとめローンや借り換えも可能と、3拍子揃った狙い目のカードローンです。

「女性であることが強みになる借入先」

tel_women

次に属性別におすすめしたいのは女性に優しい借入先

男性専用と貸し出しているところは知っている限りありませんが、女性専用のカードローンやキャッシングサービスを提供しているところはいくつかあります。

やはり、家庭でサイフの紐を握るのは女性ですし、家庭ベースで考えれば、旦那さんが申し込むよりも女性の申込者を取り込んだ方が効率が良いのでしょう。

そのため、主婦一筋で収入がない人専用で積極的に貸付してくれる会社もあります。

もちろん、生計を同一にしている旦那さんの収入や会社の情報は精査されますが、旦那さん自身が申し込んで落ちたのに、奥さんだけが受かったという事例も聞きます。

せっかく優遇されるというのであれば、利用しない手はないのではないでしょうか。

奥さんも自分で教室を開いて収入を得ているだとか、パートタイマーで働いているということがあれば、なおのこと審査に通りやすいでしょう。

「もしかして自分はブラックかも、と思う人向けの借入先」

odoroki_men2

それでは、最後にもっともお金を借りるのに苦労するであろう属性の方向けの借入先をご紹介します。
それはずばり、信用情報に傷がついている人、事故情報が登録されてしまっているいわゆるブラックと呼ばれる人です。

わかりやすい例を挙げれば、自己破産をしている人は100%事故情報が登録されていますし、5年以上、10年未満は借りる事は出来ません。

または、返済が数カ月など長期間に渡り滞り、延滞している人などもこの可能性があります。

言ってしまえば、ブラックと呼ばれる人たちは、返済能力に信用のない人と言うことも出来ます。

正直、本当にブラックなのであれば借りる事はほとんど不可能です。

ブラックというレッテルが張られているということは、貸してもお金が返ってこないと逆に太鼓判を押されていることになります。

そのような人に利益を追求する貸金業者がお金を貸してくれるというのは、よほどの好判断となる材料があるのか、正規の方法で回収する気がないかです。

特別な理由もなくそのような状況でお金を貸してくれるのは、まさに闇金など危ないところだと思ってください。

ただし、あくまでブラックぽいだけで信用情報が登録されていない人はまだどうにかなります。

ただ単純に審査にマイナスとなる情報が業者間で共有されているというケースです。

例えば、Aというグループ会社があり、aとbという子会社の消費者金融があったとしましょう。

b社で借入をしていて、返済が数カ月滞ったということがあれば、a社にその情報が共有される可能性があります。

そうなればいくら申請が来ても今現在延滞しているような人を新たにお金を貸し出すということにはなりませんね。

こういう状況であれば、大手通販サイトが発行しているクレジットカードやキャッシングサービスが狙い目です。

多少の情報が悪くても少額の借り入れ可能額の設定であれば、目をつぶって通してもらえる可能性が高いです。

というのも自社の会員や利用実績のある申込者を優遇しているので、マイナスな面があろうともそういったプラスな材料をこちらから作り出せます。

他は減点していくばかりですが、こちらは加点することが出来るので、ブラックぽいような人にもおすすめなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする