消費者金融によくある『自動契約機』驚きの機能とは?

消費者金融を一気に身近にした立役者といえば、「自動契約機」でしょう。
1990年代にアコムが「自動契約機(むじんくん)」として導入して以来、急速にその設置台数を増やしています。
同業他社もそれに追随して、自動契約機を続々と設置しています。

■自動契約機のメリット

・申込~カード発行まで行える
最近では、電話やインターネットでの申し込み方法も普及していますが、これらの申し込みでは契約はできてもカード発行は物理的にできません。
一方の自動契約機ならば、申込から審査、契約からカード発行までその場で行うことができるのです。

・設置台数が多い
これは貸金業者にもよるのですが、大手消費者金融の自動契約機は多くの場所に設置されています。
これまでの有人店舗では人件費やテナント代がかかりましたが、自動契約機であればそれらがほとんどかかりませんので、経費削減をしたい企業側との思惑が一致したのです。

・稼働時間が長い
インターネットやファックスからの申し込みは24時間365日です。
さすがにそれにはかないませんが、有人店舗と比べれば稼働時間ははるかに長いです。
特に夜遅くまで稼働しているのは、仕事をしている人にとってはありがたいですね。

■自動契約機のデメリット

・完全個室ではない場合も
消費者金融の自動契約機は「完全個室」なケースが多いのですが、銀行カードローンの契約機はドアの上下に隙間があることが多いです。
防犯上の理由と、閉じ込め防止などがその理由として挙げられています。
隙間が相手いると、中での会話も筒抜けになる可能性があるので少し不安ですね。

・書類に不備があると時間がかかる
書類を完全に揃えてから自動契約機に行くべきですが、それでも急ぐあまり本人確認書類や収入証明書類などを忘れてしまったら、それ以上先には進めません。

■自動契約機の驚くべき機能とは

利便性を追求するのが消費者金融の常ですので、自動契約機にも便利な機能がたくさん搭載されています。

【Wi-Fiがある】
消費者金融「プロミス」の自動契約機には、全国規模でWi-Fiが導入されております。
プロミスに設置されているWi-Fiは「ソフトバンクWi-Fiスポット」です。
ソフトバンクモバイルが提供する公衆無線LANサービスで、ブラウジングや動画視聴、データダウンロードが利用可能です。
契約する前に貸金業者のスマートフォンサイトを閲覧して、金利や限度額などを確認するのにオススメです。
自動契約機では30分弱の審査時間がありますので、その間に動画やゲームなどで時間つぶしをするのもいいでしょう。
なお、建物構造や電波の受信状況により、Wi-Fiを導入できない自動契約機もあります。

【スキャナやファックスがある】
自動契約機がその場で申し込みや契約を可能にしているのは、スキャナやファックスによるところが大きいでしょう。
申込書に記入したら、それをファックスで貸金業者へ送信します。
ファックスに通らないような書類、本人確認書類や収入証明書類については、備え付けの
スキャナにおいてスキャンすると、データが送信されます。

【カメラが設置されている】
実は、自動契約機の中にはカメラが設置されています。
これはもちろん、犯罪防止のためです。
例えば、他人の免許証を持ってきて契約をしようとしても、スキャンされた免許証の写真とカメラに映っている人物の顔が異なれば、なりすましを防げます。
また、不安そうにしている人がいれば、オペレーターが声をかけることもできるのです。

【ATMが隣接している】
多くの自動契約機では、ATMが隣接しています。
ただし、自動契約機とは別の入り口になっているので、契約する人と借りる人が鉢合わせすることはありません。

【会話機能】
もちろん、会話機能もついています。わからないことがあった際はオペレーターと会話しながら画面を進めて契約することができます。
時間がない人はこれでサクッと契約できるのが嬉しいところですね。誰とも話したくないという方もいるので、すべてに人に当てはまるわけではありませんが、わからないことを受話器を取っただけで聞けるのはとてもありがたいですよね。

【カード発行機能】
カード発行機能ももちろんあります。自動契約機は、その場でローンカードが発行されることも大きなメリットです。郵送の心配がありませんし、審査に通ればすぐに借入が可能です。

各社の自動契約機の『差』を調べてみた。

■まとめ|無人契約機は便利で安心

いかがでしたか?

これらすべて、一度で契約を完結させたい人にはとてもオススメの方法ですね。自動契約機は、ただ契約する時代からより便利で安心な契約ができる時代へと変わりました。

自動契約機には様々な機能がついているので、契約が終わったあともWi-Fiで暇つぶしに携帯をいじることも出来ます。
また、契約に必要な設備はしっかり整っていてすぐにわかる簡潔さも兼ね備えています。

インターネットじゃやり方がわからないという方も、
ローンカードを郵送されては困る!という方も、
その日のうちに借入がしたい!という方も、

その人の悩みに合わせて対応できるのが自動契約機です。

プロミスのネット申し込みと自動契約機で即日カード発行したEさんの体験

あなたの悩みはどれ?
悩み別にオススメの業者No.1を紹介!

低金利・高限度額No.1◆みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン概要
金利 限度額 返済日
年2.0~14.0% 1~800万円 毎月10日
申込方法 遅延損害金 総量規制
インターネット・電話・郵送・銀行窓口 19.9%
利用条件 ・満20歳以上満66歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方
・保証会社の保証を受けられる方

※外国人の方は永住許可を受けている方が対象。
※審査の結果によっては利用できない場合あり。

イチ押しの「みずほ銀行カードローン」は他の業者と比較すると、金利の低さ・限度額の高さが際立っていますね。
金利の中でも最も注目すべきなのは、上限金利です。みずほ銀行カードローンの上限金利は14.0%なので、他の業者のどこよりも低いことがわかります。

※ムリなくご返済いただける範囲で、計画的にご利用ください

業者名 金利 限度額
銀行カードローン オリックス銀行カードローン 1.7~17.8% 最高800万円
じぶん銀行じぶんローン 2.2~17.5% 10~800万円
横浜銀行カードローン 1.9~14.6% 10~1,000万円
三菱UFJ銀行カードローン 4.6~14.6% 最高500万円
スルガ銀行カードローン 3.9~14.9% 10~800万円
消費者金融 アイフル 4.5~18.0% 最大500万円
SMBCモビット 3.0~18.0% 1~800万円
プロミス 4.5~17.8% 1~500万円
アコム 3.0~18.0% 1~800万円

カードローンの審査は結果が出るまで不安かもしれませんが、それはどこも同じ。

低金利・高限度額も嬉しいですが、さらにみずほ銀行カードローンはサービス内容も充実しているので一番オススメです。

みずほ銀行カードローン公式HPで申し込む

使いやすさNo.1◆楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン概要
金利 限度額 審査時間(最短)
年1.9~14.5% 10~800万円 当日~2営業日
融資までの時間(最短) 返済日 総量規制
2営業日 1日
12日
20日
27日(※)
対象外
利用条件 ・満20歳以上満62歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方※外国人の方は永住許可を受けている方が対象。
※審査の結果によっては利用できない場合あり。

※ 毎月の返済(約定返済)は「口座引落」で行われます。引き落とし日は金融機関によって異なる

楽天銀行スーパーローンの主な特徴としては、

・低金利である
・24時間365日すぐに借り入れ可能
・楽天銀行の口座を同時開設で30日間無利息

などがあります。

楽天銀行はネット銀行なので、非常に低金利で、メンテナンス時以外の24時間365日いつでも利用可能でとても便利です。また、通常のカードローンはATMの手数料等で一回108~216円ほどかかってしまうことが多いのですが、楽天銀行は手数料無料で借入・返済が可能です。

また、ネットショッピングでよく楽天を利用される方は「楽天銀行スーパーローン」一択だと思いますよ!

楽天銀行スーパーローン公式HPから申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする