カードローンの返済が遅れたらどうなるの?

ローンには毎月返済があります。それが住宅ローンであっても自動車ローンであってもカードローンであってもです。
毎月の返済には最小返済額が決まっており、返済が遅れてしまうと始めは電話連絡があり、それでも返済されないと督促状が送られてきます。

今回は「返済が遅れてしまったらどうなるのか?」について紹介していきます。
最悪の結末と、それに至るまでの過程についても注目しながらご覧ください。

■返済の延滞は利用者にもデメリット

銀行カードローンや消費者金融カードローンを利用する際に気をつけておきたい事に約定日までに入金がされないと遅延と見なされ利用者にとって多くのデメリットを受ける事になってしまうのです。
返済方法で毎月給料日の翌日などに指定した銀行口座からの自動引き落としを選択していても残高不足から支払いがされないケースもありますので注意する必要があるのです。
ただカードローンを利用する際に個人の諸事情から約定日までにどうしても返済のメドが立たないケースがある事も予想されます。
カードローン会社としましても入金が無いとなると当然何らかの対策を取る事になり未払いや踏み倒しなどの事故取引はなんとしても防がなくてはならないからです。

■どういった対策がされているのか?

一般的なカードローン会社の対策としましては通常は葉書による郵送がほとんどで大手のカードローン会社であれば昔のような1日中携帯が鳴りっぱなしのようなきつい電話での催促もありません。
ではカードローンを利用して返済が遅れそうな時には何をすべきかを見ていきますと、まずはカードローン会社に返済期限が遅れるという旨の電話連絡を入れておく事が重要です。
カードローン会社の担当者もいつまでに入金可能という連絡を受ける事で安心できますし、督促をストップする事ができるようになり信用度も維持する事ができるからです。

■すぐにブラックリストに載るわけではない

また遅延が発生した事で個人信用情報に傷が付きブラックリストに掲載されるかも知れないと不安になりますが、1度や2度の延滞であればブラックリストに掲載される事はなく返済を3ヶ月滞納した場合に掲載される事になるのです。
ブラックリストの時効は最後に取引があった日から5年~10年と長期間に及びこの期間中にカードローンを契約しようとしても審査不可となり生活に必要になる住宅ローンやマイカー、教育などのローンも組めなくなりますので覚えておく必要があるのです。

■最悪の場合「代位弁済」に・・

延滞を2~3ヵ月すると、信用情報機関に「事故情報」として登録され、長期間消えません。
しかしそれ以上に最悪の結末があります。それが「代位弁済」です。代位弁済とは、利用者が借金を踏み倒したことにより保証会社が代わりに借金を一度請け負うことです。
肩代わりしてもらった保証会社にはもちろん返さなくてはいけませんし、「代位弁済した」という事実が信用情報機関に登録されているので、カードローンはおろか様々なローンに落ちやすくなってしまいます。
代位弁済は延滞がきっかけで起こることがほとんどなので、債務整理しか残っていないなんてことにもなりかねません。

詳しくはこちら⇒カードローンで起こる「代位弁済」とは? 

■遅延損害金はいくらになる?

話を戻して、次に「遅延損害金」の話に入りましょう。
DVDやCDのレンタルでも返却が遅れると延滞金が発生するように、カードローンでも毎月の返済を延滞すると返済日まで遅れた日数分で算出される遅延損害金というものがあります。

この遅延損害金の利率はカードローン会社によって異なり消費者金融カードローン大手のモビットやプロミスでは20.0%となっています。

一方銀行カードローンではお金を借りた金利によって変動し、オリックス銀行カードローンでは借入残高に対して借入利率 + 2.1%となっていますので19.9%になるのです。
大手の消費者カードローンのモビットやプロミスでいくら遅延損害金額が発生するのかを見ていきますと10万円の借り入れ金額で30日延滞すると1643円、借り入れ金額が50万円だと8219円となりこれにプラス毎月の利息も支払う事になりますので負担も大きくなる事が予想されるのです。

カードローン会社の中には返済期限が近づいてくるとメールで知らせてくれたり、支払ったつもりが口座から引き落としできていないケースなどもありますのでカードローンを利用する以上は返済を第一に考えて長期的なプランを立ててから毎月の返済額が負担にならないように利用する事が大事なのです

■まとめ

カードローンの返済のまとめとしまして約定日にどうしても返済が出来ない場合には、事前にカードローン会社に電話連絡で延滞する旨を伝えておく事が最も重要で郵送物などでの督促をストップできるようになるのです。
またカードローンを利用する上で返済に延滞が生じる事で遅れた日数分を遅延損害金として支払わなければいけませんので覚えておく事が必要です。
急な出費やいざという時にカードローンは大変便利で役に立つ存在となりますが、利用者が使い方を間違えて借りすぎたり返済期限を延滞することで自分に跳ね返ってきますので、延滞する事なく計画的なカードローンのご利用をお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする