カードローンはセカンドオピニオンを意識しろ!

皆さんはカードローンを新たに申し込もうとした際、どのように選別して決めているでしょうか。

インターネットで自分の条件に沿ってリサーチする人、テレビCMで流れるような有名所を基準に選ぶ方様々かと思います。(当サイトでも多くのカードローン情報を発信しています。

しかし、どんな方法でカードローンを決めて申し込むとしても勿体無いやり方をしていることがほとんどです。

そこで今回は皆さんがより良くカードローンを選べる方法を伝授したいと思います。

この方法を試すことで、借り入れする前と後での齟齬をなくし、後悔することが少なくなると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

カードローンは自分なりのチェック項目で見比べることが重要

多くの方にとって、お金を借りるという行為はなるべく早く済ませてしまいたいことですね。

手元に早くお金を引っ張ってきたいですし、またはそれを必要としている状態でもあると思います。

なので、急がずにじっくりカードローンを選べということは言いません。

しかし、流れに身を任せ、勢いでカードローンを決めてしまうのはあまりにお粗末です。

後でいくら後悔して別の場所に申し込めば良かったと言っても後の祭り。

例え審査に通った後と言えども短期間で複数のカードローンに申し込めば落ちてしまうリスクが高くなってしまいます。

そうしたことも踏まえてカードローンは、自分なりにこれをクリアしたら申し込むべき商品であるという項目を設定することを推奨します。

どんな借り手にも共通するチェック項目

どんな状況の人にも共通して言えるチェック項目は、果たしてそのカードローンは自分に取って借りやすいところなのかということ。

つまり、自分の環境、属性でそのカードローンが受かるかと言うことです。

これはとにもかくにもカードローンを選ぶ上で第一条件と言っても過言ではない項目です。

たまに相性や条件も考えずに金利や謳い文句の字面だけを見て申し込む方がいらっしゃいます。

それで受かれば良いですが、落ちてしまって受かるまで行き当たりばったりを繰り返す方は、借入をしても事態が好転しないケースが多いように思います。

冷たく言ってしまうと考えなしにお金を借りればどうにかなると考えている場合です。

なので、勤め人ならば会社員が優遇されてるカードローン、主婦であれば女性向けのカードローンなど、適材適所を意識して選定する必要があります。

どんなに自分がこれは良いサービスだ、ここで借りたいと考えたところで審査に通らなければ意味がありません。

しっかりと契約者に求められている人物像と自分を照らし合わせて考えてみましょう。

申し込むカードローンを3つリストアップし、順位付けする

チェック項目を作ることでいくつか候補から外れるものと目ぼしいものが何となく浮かび上がってきたかと思います。

そこで次は自分がお金を借りてどうしたいかということを念頭に、審査が通る可能性の高いとわかったカードローンを順位付けしてリストアップします。

例えば、テレビを来週までに購入したい状況で、あと50万円足らないとしましょう。

A社は最大50万円の貸付で審査に1週間、B社は最大30万円の貸付で審査に1週間、C社は最大50万円の貸付で審査に2週間かかるとします。

であれば最大の本命はA社で一番にカードローンの申し込みを考える相手になりますね。

多少金額が少なくても良いのであれば次点にB社ですし、満額をどうしても借りたいのであればC社ということになります。

このように自分の中で申し込むカードローン会社の優先順位を明確化するのです。

最終的に後悔しない判断をするためにセカンドオピニオンを利用する

何もこの中でA社に申し込んでだめならB社、C社にしろと言っているわけではありません。

わざわざ優先順位を明確化するのは、この目ぼしい3社を食べ比べするためです。

つまり、セカンドオピニオンを意識するということです。

セカンドオピニオンとは、医療界隈でよく使われる言葉で、第二の意見という意味になります。

簡単に説明すれば1人の医者に診察してもらうだけだと診断結果が間違っているかもしれないし、複数人に見てもらった方がより安全だということです。

それはカードローンにも同じことが言え、こちらのケースでは複数の結果に鑑みるという意味と捉えると良いかもしれません。

優先順位もあくまで主観で選んでいるにすぎないので、もしかするとA社よりもB社が自分の状況では最適ということもありえます。

そこで予め比べておきたい質問をいくつか用意し、各会社のコールセンターに問い合わせてみます。

自分の経済状況でどんな判断をされるのか、即時借り入れ、収入証明書が不要など、そういった謳い文句は本当なのかということです。

オペレーターは確定と言う形では恐らく答えてはくれませんが、仮にという形で答えてくれるかと思います。

そうして各社食べ比べてみて感触の一番良い所が本当に自分が申し込むべきカードローンです。

こうしてセカンドオピニオンを意識し、有望な数社を見比べてみると自身に最適な借入先が自ずと見えてきます。

当だったらもっと良い状況で借入出来た、実際に借り入れしようとしたら違ったということも防ぐ事が出来ます。

ぜひ、これからカードローンを検討されている方は、この方法を意識し、後悔のしない本当に借りるべきカードローンを見つけてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする