キャッシングで借入すること事態が、全てマイナスの見方をされるのか?

キャッシングがマイナスなのではない!

キャッシングを使用しても社会的にマイナス見られることは全くありません。
もし借りるだけで社会的にマイナスと見られるなら、キャッシング業者が大々的にCMを打つことさえ難しい状況でしょう。
そして、キャッシングを利用することで個人信用情報に傷が付き新しいローンやクレジットカードの審査に通りにくくなるということもありません。
まず、借り入れしただけでマイナスになるという法令も規則も存在しません。
マイナスが存在するとすれば、それは金融系商品だけの話ではなく携帯の分割払いなどの料金の返済の滞納があったときなどです。
では、キャッシングで社会的な信用がなくなるのはどういう場合なのか?
それは返済が滞った場合です。(⇒もし返済が滞ったらどうする?どうなる?信用情報の与える影響)

具体的には、支払いの遅延は数日ならさほど問題はないです。
金融業者でその期間は違いますが2,3ヶ月ほど支払い期限に約定通りの金額を納めることができないと、ハガキを通り越して金融業者から催促の電話がかかってきます。
この状態が続くとブラックリストに名前が載ります。
ブラックリストに載ると、クレジットカードが作れなくなりキャッシングも出来なくなります。
全てにおいて法令に従う金融業者では、お金を借りる事ができなくなるので商品などの分割払い、車・家のローンなどはまず組めないと思っていいでしょう。

そして滞納の末、強制解約・退会になった場合も大体5年は新規のクレジットカード・分割払い・カードローンなどすべての借入の審査に通らなくなります。そして官報に載る期間は10年とも言われています。
ブラックリストに載ることは確かにマイナスとデメリットしかありません。
しかし、キャッシングなど借入で計画的な利用を行うのなら、何もマイナスは存在しません。
例えば、金融業者から融資を借り入れて返済した場合、返済したと言う記録が信用情報機関に残るのでプラスになる場合もあります。

信用情報が大事!

信用情報に傷がつくということは、金融事故情報が記録された状態であることです。
では、事故情報とはどのような情報なのでしょうか?代表的な例を挙げてみます。
まずは、延滞です。ローンやクレジットなど支払いを延滞すると、信用情報に記録されます。
一番身近なのは携帯電話の滞納状況なども信用情報に載ります。
例え、料金を払い延滞を解消しても1~5年程はその記録が消えずに残り続けます。

次に、債務整理です。これは、合法的に借金を整理する手続きです。
債務整理には破産、任意整理、個人再生、特定調停などの種類があります。
例えば、破産は破産申立て後、免責がおりれば抱えている借金は消えます。
しかし、どの手続きを行った場合も信用情報に記録が残ります。

次に、代位弁済です。代位弁済とは、カードローン会社の借入を踏み倒したことを意味し、借入を保証会社が支払ったことによって利用者に返済能力なしというレッテルを貼られます。これが原因で強制解約をされる可能性があります。

そして最後に、強制解約です。これは延滞が長期・悪質などの理由で、金融機関から契約を強制的に打ち切られることです。
携帯の強制解約なども事故情報の1つなので、これが原因でローンが組めないという事態が発生する可能性があります。

では、信用情報のステータスにマイナス・デメリットがある状態が生活に実際にどんな影響があるのか言及して行きます。
例えば、クレジットカードの審査に通らない、クレジットカードの更新ができない、キャッシング、住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、などの借入審査に通らない、キャッシング・クレジットカードを利用中の場合、利用限度額を下げられるか利用停止になる可能性がある、携帯電話を割賦で購入できなくなるなどです。

キャッシングをマイナスにするのは自分の行い

金融事故情報は3つの信用情報機関で共有されています。 これは、どこの金融機関でも確認が出来るものです。
その為、金融事故の情報がある人に融資を行う金融機関はありません。
審査を行う機関の違いなどの問題ではなく、社会的信用がないという状態は自分で作り出したものが殆どでしょう。
計画的な返済や借入を行っていれば、こういう事態には陥らないのでくれぐれも気をつけた借入をしましょう。
借入によるマイナスは、返済の滞りのみで発生します。借入に対する社会的マイナスはその時点では発生しないので計画的な返済をしましょう。

まとめ|キャッシングは延滞したらマイナスになる

いかがでしたか?

結論としては、キャッシングをすることがマイナスというわけではなく、延滞するとマイナスになってしまいます。
キャッシングでしっかり返済を行っていれば、逆に信用を勝ち取ることができます。
取引履歴がある方が有利になる審査もあります。ただし、キャッシングをしたからには延滞は絶対にNGです。
そこだけを気を付けていれば問題はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする