キャッシングのみんなの知らない新常識

今回は意外とみんなが知らないキャッシングの新常識についてお話したいと思います。
世の中が日々移ろい行くようにキャッシングも日を追うにつれて新しくなっていきます。
常識だと思っていたものが非常識になり、非常識だと思っていただことが常識になるのです。
キャッシングの知識はいざと言う時のためにもアンテナを張っておくことに超したことはないでしょう。
自分の危機にキャッシングの新常識を知っていれば助かる事があるかもしれません。
どんどん皆さんの常識をぶち壊し、今のキャッシングはこんなことになっているというのをご紹介したいと思います。
今と昔のジェネレーションギャップとも言える差をぜひ、頭に入れて帰ってください。

「誇大広告が減って消費者金融はクリーンになった」

まず、よくあるキャッシングを提供する消費者金融などのイメージに、恐喝や違法行為をするといった暴力団のようなイメージをお持ちの方が多いかと思います。
テレビドラマでも取り立てのためにドアががんがん叩く、嫌がらせ電話を繰り返すというデフォルトされたイメージがピックアップされています。
はっきりと言ってしまえば、もはやこういった行為をする消費者金融というのは天然記念物並みに珍しいと言えるでしょう。
いわゆる闇金融と呼ばれるこうしたイメージの消費者金融は、法改正と共に締め付けが厳しくなり、粛清されて絶滅に追い込まれました。
なので、既存の生き残っている消費者金融であれば、そうした契約者に一方的に害を加えるようなことはありません。
むしろ、今の貸金業者はクリーンであることは必定命題とも言えます。
金利やキャッシング審査などすべて透明性を確保し、なるべく顧客に情報を開示して、イメージアップを図っているのです。
もはや根拠もなしに即日貸出、上限なしで貸付などという誇大広告は不可能になったと言っても良いでしょう。

「今や借りれない職業がほとんどない時代に」

金融業界では信用というものがもっとも重視されます。
それはキャッシングにおいても同じで、貸付を求める人の職業は重要視される要素です。
この職業と言うのが、一昔前までは正社員や公務員などの安定し切っている職業のみしか評価されませんでした。
それが今では契約社員であろうとアルバイトであろうとある程度の継続的な収入がある職業であれば、審査に通るようになったのです。
もちろん、事故情報が記録されているとか、数社に借り手借金まみれであるといった特別な事情がある場合は別です。
特に何かマイナスなことがない限り、収入のない家庭に入った家事手伝いの配偶者の方でも借りる事が可能になりました。
これは、キャッシングも競争が激しく、需要と供給が変化した結果と言えます。
今の時代はなるべく多くの人にお金を貸して業績を上げたいからこそ職業によるふるい分けもゆるくなっているのです。

「キャッシングもカードレスでネット操作で完結」

そして、驚くべきことにカードを作らなくともキャッシングできるところが増えてきています。
基本的にキャッシングは、情報の記録されているカードをATMなどに読み取らせ、借入や返済の手続きをするのが一般的ですね。
しかし、カードレスのキャッシング契約をすれば、ATMなどの機会が置いてある店頭にまで足を運ばずとも借りる事が可能なのです。
その方法はインターネットで借入の詳細を記入し、自分の口座に振り込んでもらうというもの。
時間帯によっては翌営業日となってしまう場合もありますが、基本的にはリアルタイムに近い感覚で借り受ける事が可能になっています。
また、返済も同じように可能な場合が多く、口座から送金するという形での返済方法も増えています。
ただでさえキャッシングをするという行為は、借金をしているという感覚が薄いものです。
それがこうも簡単操作でほいほい手軽に出来てしまうというのは、気づかないうちに必要以上の借り入れを繰り返してしまう恐れがあります。
なので、もしもカードレスで利用することがある方は、この点に注意して利用してください。

「借り手側が逆にキャッシングをして欲しい状態」

今や借りれない職業がない時代という部分で、少し触れましたが。
昨今のキャッシング事業は、業者側からすれば待てば顧客がやってくるような時代ではなく、こちらからアピールしなければならない時代です。
そのためには金利の設定競争も起きますし、他よりもお得感があるという部分も宣伝してきます。
貸し付け相手を増やすために、今やキャッシング商品は数種類も用意しておくことが当たり前です。
女性限定、個人事業主向け、学生専用のキャッシングなど、ありとあらゆる窓口を用意しています。
つまり、今のキャッシングを提供する消費者金融等は、審査で落としたいということはなく、むしろ、なるべく何とかして受からせて、キャッシングして欲しいと考えているのです。
貸し付け業者の方が圧倒的に立場が上であった昔では考えられない逆転現象ではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする