リボ払いのメリット・デメリットを簡単に解説

最近注目されているリボ払い。しかし、その仕組みを知らずに利用してしまうと損をすることになるかもしれません。いまリボ払いを払えなくなる人が急増しています。
ダイレクトメールや電話で、「リボに変更しませんか?」と勧誘されることもあるかと思いますが、そんな時は安易に返事をせずじっくり考えてから返答するようにしましょう。

これから下記で、リボ払いの特徴やメリット、デメリットを紹介していきます。

■リボ払いって一体なに?

リボ払いというのは、毎月一定の金額で返済をすることを言います。
支払い金額に関しては、カード会社によって設定金額が異なっているので、自分に合ったローン会社を選ぶ必要があります。
中には、最低3000円からの支払いを行っているところもありますので、毎月の生活に支障なく返済できます。

しかし、リボ払いは15%の手数料の支払いをしなければいけないので、少ない金額を借り入れた場合、手数料への負担が大きくなってしまいます。

そして、リボ払いはキャッシング枠を利用した場合、自動でリボ払いになるのでこの点に関しては事前に確認しておきましょう。

■リボ払いのメリット・デメリットとは?

□メリット

リボ払いという言葉を目にするようになって、この言葉の意味が気になっている人も多いのではないでしょうか。
リボ払いにはどんなメリットがあるのか、紹介していきます。

・支払いの金額が変わらず一定

リボ払い以外の場合は、利息が変わってきたりするので毎月の返済金額が変わってきます。
しかし、リボ払いにすることで一定に設定できますので、計画性のない人におすすめな返済方法です。
それに、最低支払金額の設定が低いローン会社で利用することで、返済負担を軽減することもできます。

・繰り越し返済を気軽にできる

ボーナスが入ったとか、臨時収入があったとき、リボ払いにしておくことで繰り上げ返済をすることができます。
返済方法ですが、コンビニのATMから行うことができるので、自分のタイミングで残高を減らすことができます。

繰り越し返済と聞くと、店舗に行って手続きをしなければいけないイメージがありますが、リボ払いの場合はこういった手間を省くことができます。

更に、ボーナスが確実に入るのであれば、事前に借り入れをし支給されたら繰り上げ返済をすると言った方法で利用することで、手数料を抑えることができます。

□デメリット

リボ払いは、危険性が高いと言われていますが実際にどんなデメリットがあるか見ていきましょう。

・手数料負担が大きい

一般的なローンを比較をすると、手数料の割合が非常に高くなっています。
この手数料の負担が大きすぎてしまい、返済をすることができない・・・などと言った人も多くなってきています。

・借り入れ金額がいくらかわからなくなる

分割支払いや、一括での支払いを選択すると利用した分だけ返済負担が大きくなってしまいます。
ですので、「来月の利用は少し抑えよう」とか「今月はこの分だけにしよう」などと言った決まり事や管理しやすくなります。
しかし、リボ支払いの場合毎月一定の金額の支払いとなりますので、今いくら借り入れをして、残高がいくらなのか把握しずらくなってしまいます。
どんなにたくさん借り入れをしても、毎月決めた金額のみとなりますので、リボ払いをする際には、「お金を借り入れている」ということを自分で確認しないと、多重債務を抱えることになりますので注意しましょう。

■使い方が正しければ問題ない

リボ払いにはメリットやデメリットがありますが、使い方を間違えてしまうことで、メリットもデメリットに変えてしまいます。
ですので、リボ払いを利用する時には、正しい知識を身に付けたあと利用した方がお得なのか損なのかを決めるようにしましょう。

ローン会社のホームページには、返済シュミレーションを利用できるサイトもあるので、活用してみるといいでしょう。

■まとめ|リボ払いは苦しいときだけにしよう

いかがでしたか?

リボ払いを使う上で、どういった使い方が正解というものはありませんが、

「リボ払いがあとどのくらい残っているか」という点と
「リボ払いをすることによって利息がどのくらいかかっているか」という点は
最低限わかっておきましょう。

一括払いだと手数料はかかりませんが、リボ払いは手数料が発生しますし、
支払いがいくら残っているか把握しずらいです。
リボ払いをすると現金がなかなか減らないので、「まだまだ使っても平気」という安心感が生まれてしまう可能性があります。

あくまでも、支払いが厳しいときのためのリボ払いです。
余裕があるときは一括払いを心がけましょう。
また、勝手にリボ払いにしてしまっていないか明細書はしっかり確認するようにしましょう。
明細書をみることは自分の家計を知ることが出来るので、振り返りの効果もあります。
その上で今の返済額だと完済にいくらかかるかなども大体把握しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする