利用していたカードローンが再審査になってしまう条件とは?

カードローンは一度審査を受けると受けて合格をするとその限度額の分、借りては返しを繰り返すことができる非常に便利な商品です。
100万円が限度額ならば、その額のうち20万円をだけを使うこともできますし、100万円分使って100万円返済し、また100万円使うという使い方もできます。
カードローンは一度審査するともう二度と審査されることがないと思われがちですが、実は再審査が起こる可能性もあるということをご存知でしょうか?
今回はカードローンの再審査についてご紹介しようと思います。

増枠を受けるときの再審査

カードローンを受けるためには、必要書類を提出し審査を受ける必要があります。
それで導き出された限度額については何度も貸し借りをすることができます。
ATM で借りることができるので基本的には再度審査をすることもなく自由に借りることができます。
ですがこのカードローンが再審査されてしまう条件がいくつかあるのです。
その内の一つが増額です。カードローンを使っていると金融会社の方から限度額の増額をしませんか?というアナウンスがあります。
この増額は基本的には再審査されずに電話1本で、終了で具体的な審査が行われないことが多いです。
ただし1から審査をやり直すこともあるのです。
それは限度額が50万以下だった人が限度額50万円以上になる場合のことです。
50万円以下の人は収入証明などを提出せずにカードローンを借りているケースが多いです。
そんな人は50万円以上借りる場合、再審査ということで収入証明を確認されることになります。
収入証明は源泉徴収や所得証明書、納税証明書があたります。
そのような書類が準備できなければ増枠することはできないのです。
増枠のお知らせがあり、審査に落ちてしまうということも実際にあります。
収入が足りてない場合、50万円以上になることがないという判断をされるのです。
その場合、今まで借りていた50万円以下の限度額がどうなのかというと、それが打ち消されることはあまりありません。
つまりは、増枠の審査は失敗したけど、限度額はいままで通りで使ってくださいという結果になる場合が多いのです。
しかし中には再審査の結果、限度額が0円になりましたというケースもあります。
これはどのようなケースなのでしょうか?

総量規制の違反がないか再審査

総量規制で年収の3分の1以上借入しているかもしれないという疑惑のもと再審査が行われる場合があります。
総量規制とは、貸金業法という法律の中で定められた制度の一つです。
消費者金融等の貸金業者からは年収の3分の1以上は借りてはいけないという制度。
稀に収入などが一時的に変わっており、当時は年収の3分の1以内だったけど状況などが変わってしまったことにより、年収の3分の1以上借りてしまっているという場合があります。
消費者金融はこのような噂や疑念をどこからともなく聞きつけて、利用者に対して再審査をするというアナウンスをする場合があるのです。
消費者金融は基本的に定期的な情報の提供をお願いしています。
職場は変わったことはないのかというのを利用して半年スパンできちんと確認しています。
それについての返答が、なかったり曖昧だったり、少し怪しいなと思う人には再審査を行うのです。
今自分が用意できる収入証明を出してもらい、限度額がきちんと三分の一までになってるかどうか、または自分たち以外の消費者金融でお金を借りてないかどうかというところをチェックします。
これらをチェックして年収の3分の1以上になっている場合は、最悪の場合、限度額が0円になるというケースも実際にあります。
そのようなことが起こってしまった場合、借りていたお金はどうなのかというと基本的には一括で返してくれといった対応になります。
消費者金融は貸す際に年収が変わったことなどはきちんと報告するようにという契約のもと、お金を貸し出しています。
その報告についてきちんと義務を果たしていない、つまり嘘ついてるとみなし契約違反と判断するのです。このように年収が違うことによって大きな問題に発展する場合があります。
事前に自分から相談をすると対応が変わる可能性はありますので、収入が変わった場合は早めに報告するようにしましょう。

まとめ|増額するときは注意

以上、カードローンを使っている時に起こる再審査についてご紹介しました。

50万円以下の限度額だった人が50万円以上の増枠に挑戦する時、収入証明などを提出しなくてはならなくなるため再審査がかかります。
これで失敗したとしても限度額が0円になったりはしません。
総量規制に厳しい消費者金融で年収の三分の一以上借りているかもしれないあやしい人には今貸してるお金が適正かどうかの再審査をかけてくる可能性があります。
もし自分の収入が借りた ときよりも下がっている場合、あなたは総量規制を破っている可能性があります。
もし年収が下がったのなら、消費者金融に黙っているのではなくしっかりと報告相談したほうがいい方向に見に行く場合がありますので、隠さずにきちんと報告するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする