カードローンの増額はどのように進む?増枠のコツも紹介

消費者金融などのカードローンには必ず限度額があります。
50万円の限度額であれば、50万円の枠の中でお金を使ったり返したり出来ます。大事なのは信用です。
といいますのも、消費者金融などのお金を貸す会社はお金を貸すだけが商売ではありません。
お金を貸した後の方が実は重要と言っても過言ではないでしょう。
消費者金融などは、お金を貸した後、定期的に顧客管理を行っています。
その中で他社借入がいきなり増えていないか?そういった部分を注視します。

大切なのは「信用」

いきなり他社借入が大きく増えると、50万円の枠を持っていても途中で0になる事も珍しくありません。
その様な経験をした事がある方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?お金を借りる上で重要なのは、信用です。
信用とは目に見えないものです。しかし、信用は他社借入や年収などのバランスから格付けされていきます。
その格付けのされかたによって、限度額が変わってくるわけです。

当然、年収が高い人が有利になってきます。
しかし、いくら年収が高い人でも他社借入が多ければ、審査に落ちる事もあります。
自分では無理かな?そう思っている年収の低い人が、他社借入なしで、お金を借りる事が出来たりしますから、一概にここが基準値というものはありません。
あくまでもトータルバランスです。お客さんが入力したデータを元に加点・減点をしていき、最終的に合格ラインの人に幾ら融資するかを決めるわけです。

こうして、お金を融資する人が決まり、限度額が決まっていくのです。
そしてここからが、消費者金融などの会社の真価が問われるところです。
貸したら、今度は返済をキチンとしてもらえないと、会社として成り立ちません。
利息収入が最大の収入源である、消費者金融に取ってしっかり返済してくれる事によって、会社を維持しています。
中には大きくしていっている会社も勿論あります。返済する確約は全員ないのです。
お金を持って逃げられたらおしまいです。しかし、実際には皆さんしっかり返済しています。これが信用取引と言われる所以です。

基本的には段階的に増額されていく

借りた人も返済をキチンとしていく事で信用状況がぐんぐん上がっていきます。
こうなると消費者金融などは、この人は毎月の返済をキチンとしている。
もう少し枠を広げてもいいのではないか?このように増枠に前向きな姿勢を取ります。
問題は増枠の仕方です。50万円から段階的に増枠をしていくのか?それとも一気に天井まで増枠してしまうのか?
ここのさじ加減が意外に難しいですね。
決めるのは支店長決済。現在は審査担当者が決めることになります。基本的には段階的の方が多いですね。50万→80万→100万と言った流れです。

但し、お客さんの属性によってここは変わってきます。
属性の良い人は、50万→100万円と一気に天井と呼ばれる、限界まで枠を広げてしまいます。
やっぱりお金をたくさん借りられた方が気分的にかなり楽になります。
増枠を勝ち取るにはどうしたらいいのか?答えは簡単です。パーフェクト返済をする事
絶対に返済は遅れない事。当たり前の事ですが、これが出来ない人が多すぎます。
1日位いいか・・・。自分自身に対して厳しくなければいけない社会人が、自分自身に対して甘くなってしまいます。
特にお金に関してキチンとしていなければいけません。
毎月の返済は、多少生活が苦しくなっても返済をしなければいけません。
ここで踏ん張る事が出来る人と踏ん張れない人で大きな差が出ます。

総合的な判断

段階的に増枠するか、一気に天井まで増枠するかは、返済実績に、属性を加味して総合的に判断します。(反対に減額されてしまった人はこちらをチェック⇒カードローン返済中に限度額が減らされることはあるのか?
お金を借りた人の中には増枠を今か今かと待ち望む人がいますからね。
そういった面では、返済実績は侮る事は出来ません。段階的に増枠になる人でも、返済はパーフェクトです。
1回の延滞でもダメです。それ位、返済に関しては重視しています。
たかが1回・・・。その考え方は通用しません。お金を借りたら、しっかり返済日までに返す。
この当たり前の事が出来て初めて増枠のチャンスが与えられます。

後は、返済実績でも高く評価され、一気に天井まで増枠になる人の傾向ですが、毎月2万円返せばOKのところ倍の4万円返済する人は非常に返済実績がかなり良いと判断されます。
この様な余裕のある返済をしている人は一気に天井まで増枠が広がるチャンスを持っています。
消費者金融もお金を貸して安心できる人にはたくさん貸して、利息収入を多くもらいたいですからね。
実は消費者金融は非常に面白い側面を持っていて、完済されるのを嫌います。
完済されるともうそれ以上利息を取る事が出来ません。シビアな部分ですが、ここはお客さんも色々考える部分もありますからね。

今回は増枠をテーマに書きましたが、段階的も一気に増枠も、対象になるのは返済実績に優れている人です。
返済の延滞が1度もない人です。しっかり返済している人はしっかりしています。
お金にだらしがない人は他の部分でもダメな事が多いですね。基本に忠実な事をしていれば、増枠は受けられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする