カードローンを増額したい時の審査、通過するためのテクニック

銀行や消費者金融などのカードローン、その広告を見て見ると「限度額最高500万円」「1000万円まで貸します」といった言葉が躍っています。
いきなり1000万円も貸してくれるのかと思って早速申し込んだものの、結局限度額は30万円だった、ということはありませんか。

■契約当初は限度額50万円以内がほとんど

カードローンでは、新規申込者が限度額いっぱいまで借りられることはまずありません。
良くて限度額50万円といったところでしょう。(⇒カードローン返済中に限度額が減らされることはあるのか?
特に限度額を10万円以下に設定された人は全くお金が足りないし、限度額を低く設定されると適用される金利はそれに反比例して高くなり、上限金利いっぱいなんてのも珍しくはありません。

■キャッシングの増枠は可能

もちろん、広告に記載されていた高い限度額では嘘ではありません。
その後、キャッシングの利用限度額を増枠してもらうことができます。
クレジットカードのショッピング枠では、利用者の知らないうちに増枠されていたなんて話がありますが、カードローンではまずありえません。
ごくまれに申し込んでいないのに増枠されていることがありますが、その場合でも業者からは必ず連絡があります。
増枠がされる方法は、二つあります。一つは自分で申請を行う方法、そしてもう一つは業者から連絡が来る方法です。
しかしここで注意していただきたいのは、業者から「増枠の勧誘」があったとしても必ず審査に通るわけではないというところです。
増枠の勧誘はあくまでも仮審査みたいなものに通ったという感じで、本審査は別にあります。勧誘されたにもかかわらず、申し込んだら落ちたということも無きにしも非ずなので、気を付けておいてください。

■増枠のペースについて

では、10万円の限度額を設定された人が、1か月後にいきなり500万円に増枠できるか、これはありません。
増枠にはしかるべき期間と総額幅があるのです。

まず期間ですが、ほとんどのカードローン会社は「新規契約から半年後」を一つの目安としているようです。
ただし、最近ではその期間が長くなる傾向にあり、新規契約から9か月後、1年後となっているところもあります。

金額上昇のペースですが、いきなり100万円単位で上がることはなく、基本的には10万円ずつコツコツと増枠されていきます。
ただし、無制限に増枠されるわけではありません。
消費者金融では、1社で50万円以上の借入をする際には収入証明書が必要となり、50万円を境にペースがガクンと落ち込みます。
そして、限度額が年収の3分の1になると「総量規制」が適用されますので、ここで打ち止めとなります。

■増枠に必要な3つの条件

キャッシング枠の総額申請をしても、無条件で増枠してくれるわけではありません。
新規申し込みと同様に審査が待ち構えています。
その際の審査条件は、以下の3つです。

・収入
申込時よりも収入が上がっていれば、増額審査の際にも有利に働くでしょう。

・カードローンの契約期間と件数
前述のように、契約後最低半年、できれば1年待って増額申請をするといいでしょう。
その際、カードローン会社としては、他の業者に浮気をしている人よりも、一途に自社を利用している人の方が印象はよくなりますので、1社に絞り込んで利用するのがオススメです。

・良好な利用実績
延滞をしていないことは、増枠の際の最低限の条件です。
だからといって、契約はしたもののこれまで一度も利用したことがない人は、業者としても全く利用者の顔が見えませんので、どうしても審査では厳しくなります。
「契約後一度だけ利用してそれで終わり」でもダメで、定期的に何度も利用することが審査通過への近道です。

■増枠審査を通過するためのポイント

審査をするのは人間ですので、以上の3つの条件をクリアした上で以下のポイントを抑えれば増額も夢ではありません。

・外見などの印象
店舗に行って増枠申請を行なう場合には、外見にも少し気を配った方がいいでしょう。
電話でしたら話し方、メールでしたら文体などに気をつけましょう。

・切実な動機を
なぜ限度額を増やしたいのか、その理由がそれなりのものであれば、比較的増枠に応じてもらえます。
学費や医療費といった大きなお金が必要なものは比較的OKですが、生活費ですと返済能力に疑問を感じてしまいますのであまり良い印象にはならずNGです。良い動機を選ぶようにしましょう。

・収入証明書を提出する
消費者金融では、1社で50万円以上、他社も含めて100万円の借入をする際には収入証明書が必要となります。
しかし、それを満たさない人でも任意で収入証明書を提出すれば、審査の大きな参考になります。

■まとめ|増枠か?新規契約か?

いかがでしたか?

増枠はちょっとしたコツがいるということがわかりました。ただし、ここで紹介したのはあくまでもあと10万円程度お金を借りたい人向けの増枠についてです。それ以上のお金を一度に借りたいのであれば、銀行カードローンや消費者金融キャッシングを新たに申し込んだ方が無難でしょう。

借入件数を極端に増やすことはオススメできませんが、増枠しても10万円ほど上がるか上がらないかというところをみると、より多くの限度額がほしい場合は新規契約をした方が良いでしょう。

増枠する際は、

しっかり安定した収入があること
しっかりとした動機があること
収入証明書を提出すること

などを重点的に行うと良いでしょう。
いままでと年収は変わらないという場合も、収入証明書を提出することで信用が得られますし、「生活に困っているわけではなく学費や医療費が少し足りない」など動機づけを行うと良いとされています。あまり切実な理由は好まれないということは覚えておいてください。

増枠の申請を自ら行う場合は、服装や話し方などに気を付け丁寧な態度で行うようにしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする