夜職をしていた僕が、後悔したお金の使い方10項目から導き出したマイルール

人生いろいろ、お金の使い道もいろいろ。今回は、夜の仕事をしていた僕がこれまでの人生を振り返って、「後悔しているお金の使い道10項目」とそれを基に導き出した「マイルール6ヵ条」を紹介していきます。
長い人生、「アレ無駄金だったな~!」と思うこともありますよね。若い頃はなんでも欲しがったものです。そんな僕が、今年30歳になるのを機に「無駄使い整理」をしていきたいと思います。

仕事を始めると、学生の頃とは比べ物にならないくらいのお金を手にしますよね。そんなときに少し財布の紐が緩んで使いすぎてしまったなんてこと、あるんじゃないでしょうか。それは男性でも女性でも、どんな仕事であっても、独身でも既婚でも、誰もが経験することだと思います。

そういった無駄使いを振り返り、「気付き」のきっかけになれば良いなと思います。

最後におまけとして「良かったお金の使い道」も紹介しているので、良かったら参考にしてみてください。

◆後悔しているお金の使い道【10選】

1.『衣装代』あまり着ない高価な服を買いすぎた

人に見られる職業をしているからこそ身なりには気を付けていました。
「数万円以上のものをつけていないと恥ずかしい」と思うことも多く、一回の買い物で50蔓延ほどいってしまうこともしょっちゅうでした。周りがよく着ているブランド物は飽きるくらい買いました。

今思うと、インナーなど手を抜けるところはプチプラで十分だったなぁと思うことのが多いです。安くてしっかりしているものはありますし、オシャレはトータルバランスを考えつつワンポイントで見せていくという思考になっています。ゴテゴテのガチガチにブランド物を身につけていても、「着られてしまっている」状態のときもあったでしょう。「ブランド物を着ている自分がカッコイイ」ではなく、いまは「自分自身がブランド」くらいの気持ちでいます。そしてオシャレを無理なく楽しむようにしています。やはり身の丈に合ったものの方が肌馴染みが良いですからね。

2.『装飾類』1本over50万円のアクセサリーを気分で買いすぎた

ク○ムハーツのネックレスは、チェーンとトップをカスタム出来るので、それにハマったときは天井知らずでした。50万円以上のネックレスを何本も持っていました。

ネックレスはすぐに好みが変わってしまうので、数回しかつけないものなんてのもありました。
趣味嗜好が変わってしまいやすいものは慎重に選ぶべきだと思いましたね。

3.『ギャンブル代』パチンコ・スロット・カジノ、暇さえあればつぎ込んだ

極度のギャンブル依存症になると歯止めが効かなくなるそうです。借金してしまう理由として依存症も関連しているらしいです。借金依存症なんてのもあるらしく、カードローンの限度額を貯金だと感じてしまうようです。

ここまで極端なことはなくてもギャンブルで大負けとかは多くの人がやってしまった経験があるにではないでしょうか。
気軽に行けるパチンコやスロットは静かに、そして確実に忍び寄ってきます。やって負けたあとは「あれだけのお金があればコレが買えた、アレも出来た」と後悔しますよね。ギャンブルをするということは、後悔する確率が高いものを育てているだけです。しかし、頭ではわかっていてもやってしまうのが人間というもの。少しずつ意識するだけでも変わってくると思いますよ。

ギャンブル目的でもカードローンを利用できる?できない?

4.『車』ほとんど使わない高級車

タクシーをよく使うので、車を持っていた方が良いと言い訳を作り高級車を購入。しかし、都内では車で行かない方が便利なところも多く、機会がなくなりどんどん使わなくなっていきました。車本体も高いですし、維持するのにかかるお金は年間バカになりません。税金+ガソリン代+高速代+駐車場代+保険など様々な場面でお金がかかります。運転に慣れていなくて事故でも起こしたら借金を作ってしまいかねません。

車は家計に余裕がある方の乗り物ですので、無理して買うものではないです。車を買うと維持費でどのくらいかかって、どれほどの頻度使用するかなども考えた上で購入すると良いと思います。また、車種は自分の経済状況に合ったものを選びましょう。

5.『キャバクラや風俗』自分へのご褒美と使いすぎた

仕事をがんばったご褒美にキャバクラや風俗にいく場面は社会人になると多くありますよね。上司や同僚・後輩と遊びにいくとハメを外してしまいすぎたり、ついつい羽振りがよくなってしまいすぎたり…キャバクラや風俗はお金の感覚が狂ってしまいます。「1万円」の価値を見直してくださいね。キャバクラや風俗で1万円はそれほど頼りにはなりませんが、普通に遊ぶ分には1万円あれば様々なことを楽しめます。キャバクラや風俗通いよりも優先できる趣味を見つけるとさらに良いでしょう。

6.『デート代』女性とのディナーは毎回数万円の高級レストラン

女性とデートするときに「絶対落としたい!」「良いデートだったと思ってもらいたい」などの理由で毎回高級レストランを予約していませんか?決めすぎてしまったり見栄を張ってしまいすぎると逆に好かれないかもしれません。無理をしても良いことはありませんよ。

もちろん、経験を積むためにも高いお店に慣れておくなど得られるものはあると思います。たまにだったら良いのですが、毎回高級レストランでは浪費と言わざるを得ません。

7.『ゲーム代』やる時間もなく買って満足

新しいモデルが出たりして買いそろえるものの、ゲームをする時間もなく置きっぱなしになっているなんてことがよくありました。いまはスマホでいろいろなゲームが出来るので、家に帰ってゲームをするよりも他のことで手一杯でした。ゆっくりゲームをしたいと思うことも少なくなっていましたから。「欲しい!」と思うものの時間が取れないなと思ったら、一回保留にしておきましょう。

8.『高級すぎる時計』時計はいくら持っていても大丈夫と思っていた

「いい男たるものいい時計はたくさん持っていなければ」と思っていました。気づけば数十万~数百万円のものまで高級時計が数本所有していました。いまでは「こんなに必要ではなかったな」と思います。

しかし、良い時計をする意味はないと言っているわけではありません。高級な時計は一つは持っていた方がいいと思います。ただし、何本もいりません。一つ高級な時計を買ったら、大切に使いましょう。多くても2本(仕事用と休日用)とかで良いと思います。いずれにしても、身の丈に合った時計を身につけるのが一番です。

9.『スマホアプリのゲームに課金』月10万円は貢いでいた

スマホのゲームにどっぷりハマった時期がありました。毎月10万円ほどは課金していて、最後の方は自分でも把握しきれなくなっていました。気が付いたら使っている、それが正直な感想でした。家でゲームをやるより、暇なときにすぐできるスマホゲームは何よりも魅力的でした。ゲームをやっていると時間が経つのがあっという間でした。これは課金依存症だったのではと今では思います。

10.『タバコなどの嗜好品』もはや嗜好品ではなく浪費になっていた

若いときからタバコを吸い始め、その総額は想像したくもありません。一日に2箱吸うヘビースモーカーだった僕は、もはやタバコが吸いたいのかもわからないほど息をするように吸っていました。電子タバコを吸っては合わなくてタバコに戻し、アイコスが出たときもすぐに吸い始めました。もはや嗜好品なのかなんなのか…タバコじゃなくても良いならただの浪費家ですよね。タバコを吸っている人は共感できると思いますが、吸いすぎてたまに気持ち悪くなってしまうときもありました。いまでは禁煙に向けて頑張ろうと思っています。

【特殊な例】

夜の仕事をしているからこそかかる出費があります。これは飲みに行くと考えてください。夜の世界は持ちつ持たれつで成り立っています。

・同業回り

これは後悔していません。同業との付き合い方はとても大事ですから。むしろ学んだことかもしれません。人にお金を使うと、結局自分に返ってきます。自分もハッピー相手もハッピーな関係がベストですよね。もちろん、信じられる人は少数ですが…。

◆おまけ:良かったお金の使い道【4選】

良かったお金の使い道ももちろんあります。今考えると良いことにお金を使ったなと自信を持って言える項目を紹介します。

1.旅行

物にお金をかけるよりも、経験にお金をかけるべきだと私は思っています。旅行が好きなので、日本全国をはじめアメリカ・ヨーロッパ・アジア・オーストラリアなどいろんなところに行きましたが、旅行は飽きることがありません。いろんな国や土地に行って、そこでしか経験できないことを身を持って体験することの素晴らしさがあると思います。場所によって旅費は様々ですが、旅行で得られる経験や時間はお金以上のものがあるんじゃないかなと思います。

2.人のために使うこと

いろんな人にプレゼントをあげたり食事を奢ったりしてきましたが、それは全く後悔していません。自分が生かされていると感じ、周りの人に感謝が出来るようになりました。

よく「人にしたことは忘れろ、人にしてもらったことは絶対に忘れるな」と言いますが、その通りだと思います。大切な人にナチュラルに自分が与えられるようになれたらいいなと思います。

人の役に立つことは、その人のためのようで自分のためでもあるのです。

3.長く使えるもの

物を買うとき、値段ではなく「長く使えるもの」を選ぶと良いと思います。財布やバッグ、時計や靴などもそうですが、その価値に合った値段がついています。結局安いものを買ってもすぐに壊れてしまったりしますよね。「安物買いの銭失い」にならないように、上手に買い物しています。

4.自分への投資になるもの

日々の生活で、自分への投資として「自分磨き」を行うようにしています。そのグッズを買うときは「無駄ではないな」と思います。筋トレグッズやジョギンググッズなど、体づくりに役立つものを取り入れてしっかり活用できるものは無駄ではありません。自分への投資は裏切りません。僕の中で自分への投資だと思っている他のものは、美容院・歯のケア・健康診断・筋トレ・ジョギング・マッサージなどなど。
物ではなく経験というのは、これにも通ずるものがあると思います。

◆お金の使い方、ここが変わった!僕の6ヵ条

お金の大切さを考えず使い続けていた僕ですが、こんな風に気を付けると良いよ!というアドバイスを6つにまとめてみました。
いまではこれらがマイルールになっています。

◇1ヵ条◇「生き金」と「死に金」を意識すべし

良いことに使うのが「生き金」、乗り気がしないお金の使い方は「死に金」だと感じ始めました。上記のような人のために使ったり、自分に投資する気持ちで使うのは生き金でしょう。嫌々払うお金や、モヤモヤが残るお金の使い方をすると、使ったお金も死に金になってしまうと思うようになりました。それからは、お金を払うときは「もっと大きくなって返ってこいよ~」という気持ちでいようと心がけるようになりました。

◇2ヵ条◇形から入らず、お金のかからない趣味も楽しめるように

いろんなものに手を出して中途半端になっていた趣味もありますが、すべて形から入りすぎていたことに気がついて控えるようになりました。とりあえず買ってからやってみよう!と初めても、続かないことが多かったので形から入ることはやめました。お金をかけなくても楽しめることはたくさんあります。趣味にお金をかけすぎて生活が苦しくなるのは避けたいところです。

◇3ヵ条◇コーディネートの中でワンポイント高いものを

いままでは高い服を揃えてコーディネートしていましたが、「程よく」を目指しアクセントに高いものを入れるように心がけています。オシャレは、高いブランド物ばかりのコーディネートではなく、その人に合った雰囲気や清潔感が大切だと思います。第一印象は大切ですが、お金をかけなくても出来ることはたくさんあります。気に入っているものや良いものはワンポイントにしておき、くどくない程度に抑えておくと尚オシャレに見えたりします。

◇4ヵ条◇「本当に必要?」と問いかけろ

買う前の「本当に必要か?」という問いは意外と効果を発揮します。よく考えてみると似たようなものを持っていたり、自分に合っていなかったり、流行物だったりという欠点が見え始め、自分を抑えてくれます。

◇5ヵ条◇物より体験にお金を使うべし

先述した通り、物より経験論です。旅行や習い事などの経験は何にも代えがたい財産です。良い体験をたくさんして、心を充実させることをしましょう。

◇6ヵ条◇一人の女性と背伸びせず付き合うべし

これは個人的な意見ですが、いろんな異性と遊びの関係よりも、一人と長く付き合っていく方が得られるものが多いように思います。いままでは女性を高級なレストランで落とそうとしていましたが、一人の女性と背伸びせずに付き合う事の方が楽しいと感じるようになりました。それは金銭面にも深く関わっています。高級ところばかりではなく、リーズナブルなところでのデートも、雰囲気重視で選ぶと盛り上がりますよ。結局のところ、お店よりもその人自身の魅力がすべてを握っています。

◆まとめ|お金の使い方を見直してみよう

いかがでしたか?

職業や性別・年齢などは関係なく、いろんな人に知ってほしい、役立ててほしいと思い作成しました。
お金で困っている方も、困ってはないが欲しいという方も、生活を見直すきっかけになれば嬉しいです。

そして、どんな風にお金を使っていてもすべての責任はその人自身にあります。どんな風な使い方をしたら有意義か、意識してみることをおススメします。浪費癖はなかなか直りませんが、一つひとつ改善していってくださいね。

あなたの悩みはどれ?
悩み別にオススメの業者No.1を紹介!

低金利・高限度額No.1◆みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン概要
金利 限度額 返済日
年2.0~14.0% 10~800万円 毎月10日
申込方法 遅延損害金 総量規制
インターネット・電話・郵送・銀行窓口 19.9%
利用条件 ・満20歳以上満66歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方
・保証会社の保証を受けられる方

※外国人の方は永住許可を受けている方が対象。
※審査の結果によっては利用できない場合あり。

イチ押しの「みずほ銀行カードローン」は他の業者と比較すると、金利の低さ・限度額の高さが際立っていますね。
金利の中でも最も注目すべきなのは、上限金利です。みずほ銀行カードローンの上限金利は14.0%なので、他の業者のどこよりも低いことがわかります。
大手三行でここまでの低金利はどこまでも使いやすいこと間違いなしでしょう。

※ムリなくご返済いただける範囲で、計画的にご利用ください

業者名 金利 限度額
銀行カードローン オリックス銀行カードローン 1.7~17.8% 最高800万円
じぶん銀行じぶんローン 2.2~17.5% 10~800万円
横浜銀行カードローン 1.9~14.6% 10~1,000万円
三菱UFJ銀行カードローン 4.6~14.6% 最高500万円
スルガ銀行カードローン 3.9~14.9% 10~800万円
消費者金融 アイフル 4.5~18.0% 最大500万円
SMBCモビット 3.0~18.0% 1~800万円
プロミス 4.5~17.8% 1~500万円
アコム 3.0~18.0% 1~800万円

カードローンの審査は結果が出るまで不安かもしれませんが、それはどこも同じ。

低金利・高限度額も嬉しいですが、さらにみずほ銀行カードローンはサービス内容も充実しているので一番オススメです。

みずほ銀行カードローン公式HPで申し込む

使いやすさNo.1◆楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン概要
金利 限度額 審査時間(最短)
年1.9~14.5% 10~800万円 当日~2営業日
融資までの時間(最短) 返済日 総量規制
2営業日 1日
12日
20日
27日(※)
対象外
利用条件 ・満20歳以上満62歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方※外国人の方は永住許可を受けている方が対象。
※審査の結果によっては利用できない場合あり。

※ 毎月の返済(約定返済)は「口座引落」で行われます。引き落とし日は金融機関によって異なる

楽天銀行スーパーローンの主な特徴としては、

・低金利である
・24時間365日すぐに借り入れ可能
・楽天銀行の口座を同時開設で30日間無利息

などがあります。

楽天銀行はネット銀行なので、非常に低金利で、メンテナンス時以外の24時間365日いつでも利用可能でとても便利です。また、通常のカードローンはATMの手数料等で一回108~216円ほどかかってしまうことが多いのですが、楽天銀行は手数料無料で借入・返済が可能です。

また、ネットショッピングでよく楽天を利用される方は「楽天銀行スーパーローン」一択だと思いますよ!

楽天銀行スーパーローン公式HPから申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする