カードローン最新事情「金利0のローン」の活用5つのポイント

お金を借りるときに金利ゼロで借りることが出来たら最高ですよね。
これを現実のものにしてしまう金融機関がいくつかあります。
そこで今回は、金利ゼロのカードローンを賢く使う方法に着目してガイドしていきます。

一般的には、お金を借りる場合、「金利」がつきものです。
しかし、金利が全くかからない「金利ゼロ」というサービスがあります。
どの金融機関も行っているものではなく、金利ゼロサービスを行っている会社は数社しかありません。

●金利ゼロのローンをやっているブランドは?

まずは、消費者金融でいうと、アコムがあります。
アコムはテレビCMでおなじみの金融会社です。
アコムの場合は、初めて申し込みをする方に限り、借入れしたお金を30日以内にすべて返済すれば、金利がゼロになります。

そのほか、プロミス、新生銀行レイクでも金利ゼロを展開しています。
プロミスの場合も、内容はアコムと同じで初回の借入から30日以内に返済すれば金利ゼロです。
また、特に金利ゼロの返済期間が一番長いのが新生銀行レイクです。
新生銀行レイクは、初回申し込みの方が200万円以下の限度額設定で、借入金が5万円までであれば、最大180日は金利ゼロで借入をすることができます。
180日といえば半年あります。
半年あれば、ある程度の借入金も何とか返済が出来そうな気がするので、金利ゼロの返済期間が長い分、時間に追われず、借入をしたいという方には、おすすめです。
ちなみに、借入れが5万円を超えた場合は、30日以内に返済すれば金利ゼロです。

また、金利ゼロの老舗とも言えるのがノーローンです。
ノーローンは、新生銀行の子会社レイクが経営するノンバンクですが、何回目の借入れでも金利ゼロになるのが特徴です。
金利ゼロになる返済期間は1週間以内と短いのですが、超短期の借入れの時に利用を検討するといいでしょう。

消費者金融以外では、ネットバンクでも金利ゼロを行っています。
日本最大手と言われている、ジャパンネットバンクも金利ゼロサービスを行っています。
初回の方限定で、返済期間は30日以内となっています。

名前 無利息期間
銀行 新生銀行カードローン レイク 契約日の翌日から30日間(初回のみ)
契約日の翌日から180日間(初回のみ、5万円まで)
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 初回借入日から30日間(初回のみ)
消費者金融 プロミス 初回借入日の翌日から30日間(初回のみ)
※メアド登録とWeb明細利用の条件を満たす必要があります。
ノーローン 借入日の翌日から7日間
アコム 契約日の翌日から30日間(初回のみ)
アイフル 契約日の翌日から30日間(初回のみ)

無利息期間の違いは⇒30日間無利息、アコムとプロミスにはこんな違いが

●金利ゼロの条件とは?

この無利息カードローンの活用方法は、ある程度、返済の目途が立っている時におすすめです。
例えば、初めてカードローンでお金を借りたい、急な行事でお金が必要になった、給料日前で金欠だ、30日以内に返済できる目処がたっている、といった短期的にお金が必要な場合が該当します。

このように、各金融業者やネットバンクによって条件は色々とあります。それぞれの借入先の条件をしっかり読み、内容を把握した上で活用すれば、超お得に借入を行うことができます。

各業者による条件

アコム⇒初めての方のみ。返済35日間とする
プロミス⇒初めての方のみ。メールアドレスの登録とWEB明細に登録する
ノーローン⇒初めての方1週間無利息。もしくは完済した翌月以降の借入分1週間無利息。

●金利ゼロの期間を1日過ぎるとどうなる?

また、金利ゼロの期間を1日でも過ぎてしまうと、金利0円適応期間終了の翌日から、通常金利が適応されます。例えば、30日過ぎた時点で借り入れ残高が2万円だった場合、それに対して、返済期日までの日数分の通常金利がかかるということになります。

●金利ゼロのサービスで、違う会社を次々借りたらいつまで金利ゼロができる?

まず、5万円であれば180日間金利ゼロという新生銀行レイクを使えば半年は金利がかかりません。
次いで、アコムで5万円、プロミスで5万円、ジャパンネットバンクで5万円、それぞれ30日間ずつ借りても金利ゼロですから、ほぼ3カ月間は金利ゼロで借りられます。
さらにノーローンであれば、1週間以内に返済すれば金利ゼロになり、しかも何回でも利用可能です。
これらのサービスをフル活用すると、9カ月間+1週間単位で無期限に金利ゼロで借り入れが可能です。

ちなみに、30日無利息サービスの範囲内であれば、追加でキャッシングしても無利息の対象になります。
そのほか、30日無利息サービス期間内に一度完済して、期間内に再度キャッシングを利用しても無利息の対象になります。

●どんな人が向いている?

では、無利息期間サービスがある業者はどういった人が向いているのでしょうか?
まず挙げられるのが「短期間で返済可能な人」。そして、「初めてその会社を利用する方」です。初めての方は無利息期間サービスを利用できる場合が多いので、これは消費者金融の醍醐味ととらえるべきでしょう。
使わないと損!です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする