カードローンの申込・土日での注意点【プロミス・モビット編】

ここでは、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス(以下:プロミス)とモビットの2つの申込の際の注意点や、土日祝日の利用の際の注意点を取り上げていきます。
なぜこの2つなのかというと、もともとこの2つは三井住友銀行グループに所属しており、よく似た申し込みから審査システム、融資の形態をとっています。
そのため、注意点が非常に似ています。
それでは、早速いってみましょう。

カードローンを土日に申込みたいあなたへ

平日は仕事で忙しくてなかなか時間的余裕がなく、かつ残業も多いのであまり早く帰宅できない。
一方まだ勤務年数もそれほど経っていないので給与も安い。
たまには休みに羽を伸ばして遊びたいのだけれどそうなると先立つお金が不足している。
こんな時にカードローンがあればいいなあと思いますね。
でもカードーン申し込みには土日しか時間が取れない場合、どんな点に注意したらいいか、知りたくありませんか。
またその日にいきなり申し込んでも即日で利用できる金融機関はあるのでしょうか、この記事ではその大事なチェックポイントを取り上げます。

カードローンを土日に申し込むには

まずオススメしたいキャッシング先としてはプロミスとモビットがあります。
いずれも土日に申し込みができて、その日の内に即日融資・即日利用ができる金融会社です。
詳しくは後で解説するとして、まずは土日に申し込みする時に注意しておかねばならない点についてまとめます。

土日に受付可能?

そもそもこれが原点です。
その金融機関が土日に営業していなければいくら本人が申し込みしたいと思ってもできません。
その金融機関が土日にどんな形で営業しているか、サイトで確認するのがまず最初のチェックポイントです。

審査の実施

次に、土日にそもそも審査をやってくれるのかという点が重要です。
審査というのは基本的に人間が行う判断業務です。
何らかの形で受付はしてくれても、その審査をしてくれるスタッフや最終決済を行う責任者がその金融機関に出社していなければ審査は進みません。
さらにどの時間帯に審査が行われるのか、これも重要な点です。
その時間帯に間に合うように申込時間にも配慮が必要です。

在籍確認

審査の過程において在籍確認の手続きは欠かせません。
申し込み者がサラリーマンの場合、金融機関から申し込み者の勤務先に電話を架けて本人が働いていることを確認するのが在籍確認ですが、土日には会社が休みの場合も多く、その場合は在籍確認ができません。
できなければ翌週に会社が開始されるまで審査手続きは延長されます。
しかし、もしそれ以外の方法で在籍確認を金融機関がしてくれるなら、土日の即日融資は可能です。

審査回答のタイミング

仮に審査に通ったとしましょう。
しかしその回答が申し込みした土日当日になるのか、また翌週以降に延びるのかでは融資のタイミングが異なってきます。
さらに土日に回答がもらえるにしてもいつ回答の終了時刻か知っておく必要があります。
回答があまり遅くなると、その後の融資をしてもらうための手続きが間に合わなくて、翌週になってしまうこともあるからです。

借入方法、利用方法

審査が通って契約まで行けたとします。
次の大事なポイントは土日に即日融資可能な方法です。
さらに融資金が実行されても実際その資金が自分の手に入らないと「利用」できません。
そこでどんな形で融資金を手にするかという面もみておかねばなりません。
直ぐには資金は必要ないがカードローンの利用枠だけは作っておきたい人なら、仮に利用枠を作って準備しておかなくても、もし土日でも即日融資・即日利用可能なカードローンが作ることができれば、急ぎの場合でも間に合うと言うことになります。

カードローンを土日に申し込む時、どの方法が1番早いか

最近の金融機関は様々なタイプの利用者に合わせて、色々な申し込み方法を用意し、一方では土日・祝日でも利用可能なサービスを開発しています。
申し込み方法も店頭窓口、自動契約機、インターネット、専用電話、FAX、郵送など色々ありますが、それらの方法の中で土日・祝日に急に資金が必要になった時、どの方法が最も1番早く対応できるかといえば、インターネットを使った申し込みか、本人が直接自動契約機に行って申し込みする方法のどちらかといって良いでしょう。
店舗窓口は土日・祝日は開いていませんし、郵送などでは日数が掛かりすぎます。
やはり土日の対応はこれら二つの方法に絞り込まれてきます。

WEB完結

土日に申し込む場合、インターネットを使った方法以外に電話の自動音声案内に沿って申し込みする方法もあります。
どちらも24時間365日対応なので(除くメンテナンス時間)便利ですが、パソコンやスマホ等経由でインターネットに申し込みする方式だと全ての手続きが自宅から行えるので時間的には大変早いです。
WEB完結と呼ばれている方法ですが、この方法だと審査も最短30分程度で終わり契約まで入れても1時間前後で済むことが多いです。
さらにカードの発行も別途郵送で自宅に送られ、当日必要な資金は直接本人の取引している金融機関に振り込まれます。
またそもそもWEB完結ではローンカードを発行しないケースもあり、借入は全て振込で対応し、返済もその同じ振込口座を利用して毎月口座引落しで対応します。

自動契約機の活用

土日に申し込みからローンカード発行までできるもう一つの方法は自動契約機を使った方法です。
自動契約機、別名ローン契約機を採用している金融機関はかなりありますが、土日・祝日もその利点を活かしてほとんどの自動契約機が動いています。
操作は申込者本人が全て行いタッチパネル方式になっているのであまり難しくありませんが、それでも全ての方が機械操作に強いわけでもないので金融機関はオペレーターを配置して顧客が操作に詰まっても備え付けの電話でアドバイスできるようにしています。

そのため自動契約機とはいえ有人対応もあるので24時間使えるのでなく一日の中で稼働時間が決められています。
申し込み時間があまり遅くなると審査時間やローンカードの発行時間が足りなくなり、翌週に審査の回答やローンカードの発行が延期されることもあります。
土日の営業時間をよく把握してできるだけ早めに出かけて申し込みするようにしましょう。
さらに手続きの時間を早めたいのなら、インターネットで申込・審査・契約まで全て済ませておいて自動契約機に出かけることです。
そうすればカード発行手続きは5~10分程度で終わりますのでより効率的です。
ローンカードを手に入れておけば、提携コンビニATMが24時間365日稼働しているところが多いので時間を気にすることなく即日利用することができます。

土日にカードローンを申し込むならどこ?

最初にオススメの金融機関としてプロミスとモビットをご紹介しましたが、それぞれがどのように土日にキャッシングできるのか、個別に解説していきたいと思います。

プロミスの土日対応

○WEB完結
1.申し込みは24時間対応可能、パソコン・スマホ等からインターネット経由で申し込み
2.審査(※在籍確認含む)
3.審査回答
4.カード郵送希望なし選択
5.契約完了
6.プロミス会員サービスログイン→瞬フリ依頼
7.※振込キャッンシグ完了(依頼から10秒程度)
※プロミスの土日における在籍確認では会社が休みで電話による在籍確認がとれない、あるいは本人が電話をされたくない場合に限り、書面による在籍確認で対応してくれる場合があります。ここで言う書面とは直近の給与明細書か社名の入った社会保険証を指します。
※土日に瞬フリサービスで即座に振込資金が口座に入るためには事前に三井住友銀行・ジャパンネット銀行のどちらかに普通預金口座を開設しておく必要あります。

○自動契約機の活用(土日・祝日9:00~22:00稼働)
(三井住友銀行ローン契約機の場合、土日・祝日9:00~21:00稼働)
1.必要書類を持参してプロミス自動契約機で直接申し込み※
2.審査(在籍確認含む)
3.契約・カード発行
4.プロミスATM、提携ATMで資金引き出し
※自動契約機でプロミスカードを発行してもらう以外の全ての手続きを事前にインターネットで済ませておく方法もあります。

モビットの土日対応

○WEB完結
1.申し込みは24時間対応可能、パソコン・スマホ等からインターネット経由で申し込み
2.審査(※在籍確認含む)
3.審査回答
4.カード発行なし・ネット経由で顧客口座へ※振り込みキャッシング(以後のキャッシングも振込対応)
※モビットのWEB完結で土日における在籍確認は書面による在籍確認で対応可能。ここで言う書面とは全国健康保険協会発行の社会保険証か、組合保険証を指します。
※土日に振込キャッシングで融資金が口座に振り込まれるためには事前に三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行のどちらかに普通預金口座を開設しておく必要があります。(本人名義に限る)

○ローン契約機の活用
ローン契約機も申込み方法として2つあります。
◆パソコン・スマホ等からインターネット経由
1.申し込み
2.審査(在籍確認含む)
3.審査回答
4.カード受け取り方法としてローン契約機を選択
5.ローン契約機でカード受理
◆必要書類を持参してローン契約機で直接申し込み
1.申し込み(土日・祝日8:00~21:00稼働)
2.簡易審査(在籍確認含む)
3.カード発行(この時点ではまたカード使えない)
4.本審査(オペレーターとの電話の確認含む)
5.審査結果の通知→内容承諾・ローンカード利用可能
6.提携先ATMでキャッシング

まとめ

「土日」にキャッシング可能なオススメの金融機関はどこかの視点からプロミスとモビットの土日の対応を解説してきました。
申込み方法は多岐にわたりますが、WEB完結とローン契約機のどちらかで申し込みすればほとんどの方のニーズを満たすことはできると考えています。
もちろんとりあえずカードローンの枠を持つことだけを考えている人なら急いで手続きする必要もないので、電話や郵送での申し込み方法も使えるでしょう。
しかし、毎日の仕事や生活で忙しい社会人には土日でも即日借りて利用できるこのWEB完結やローン契約機の存在は大変便利なものだと思います。
とりあえずキャッシング枠だけを持ちたい人も、土日に即日利用したい人もまずはプロミスもしくはモビットで最初のカードローンを作ることを検討されたらいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする