【経験者が語る】闇金で借りたらこうなった

近年、闇金を題材にした漫画や映画などが話題となっていますが、闇金の本当の姿を知っている方は少ないでしょう。
闇金と聞くと、怖いお兄さんが債務者を地の果てまで追いつめて、骨の随までしゃぶり尽くすというイメージがある方もいるでしょう。
実際、そんな場所があるかは不明ですが、ただそのくらい怖いイメージを持ち、近づかない方が懸命です。
ただ、闇金とは一体どんな方法で貸し付けを行っているのか、少しだけでも知っておくのも後学のためにもなります。ここでは、私が体験した闇金での借入についてご紹介します。

●闇金を使ってしまったキッカケ

menkyosyou

私は、大手消費者金融数社で100万円を超える借入をしていました。給与は当時、アルバイトだったので手取りで12万円程度です。
一度、運転免許証を取ろうと申し込んだのが運の尽きで、こんな簡単に数十万円を借りれるのか?と、早速大好きなお酒で使い切ってしまったのです。
さらに、ミュージシャンを目指していたこともあり、高額な楽器や音楽ソフト、新しいパソコンも購入しました。実家暮らしということもあってか、返済が毎月2万円いかなかったのでどうにか暮らしてはいけたのです。
しかし、彼女が出来てからは生活が一変します。とにかく、デートにお金がかかったのです。他の大手消費者金融でも借入を繰り返すようになった私は、ついにどこからも借りれなくなりました。ブラックというヤツですね。
しかし、1週間後には彼女との旅行が待っている。
そんな時、自宅にチラシが入ったのです。「即日融資!300万円までなら金利1%!」。
本当にマヌケでした。今であれば、絶対に怪しいと分かるのですが当時は1円でもすがる思いだったので、即日電話をしてしまったのです。

●小刻みに返済していく

atm2

その闇金は、比較的まだ良心的でした。電話対応も悪くなかったのですが、不思議な取引を行わされます。「1万円を融資するから、2万円を2日後に返せ。
その次、3万円を貸すから4万円を返せ」というものです。
おかしいと思い、その理由を聞いたのですが、「お金借りたいんでしょ?貸すから安心しろ。信用があるかのテスト」と言われたのです。そして、最終的に10万円を借りることになりましたが、それまでに2万円の利子を既に払っています。
結果、借入したのは8万円でした。それでも、お金が借りれたわけですから、自分的には満足できる状態だったのです。

●見えない完済

syakkin

当時、スマートフォンは存在しませんでした。さらに、契約書などは無く、月に2回、15000円づつの返済という契約を口で交わしただけです。
ただし、何か怖い印象があったのでそれに従い続けます。
15000円を指定口座に入れた後、ファックスで指定の場所へ「15000円入金しました」という証拠を送ります。そんなことが、数ヶ月続きました。
金利分も考えて、とっくに完済だろうと思っていたので電話で残高を聞くと、「あと少し」としか教えてくれません。
いくらかは言えないというのです。しかし、ここまで来て逃げることはできません。
しつこく、「あと、何回ですか?」と、返済の度に聞いていたので懲りたのか、2ヶ月後に完済といってきたのです。もし、言わなかったらどうなっていたのか恐怖ですが、ひとまず闇金での返済はこれでおわりました。

●紹介屋にも騙された

seikatuhogo

闇金の中には、紹介屋という場所もあります。
闇金を借りて、懲りたはずなのですが、普通の人の生活もしたかったので生活費用として別でも借りたくなってきたのです。
そして、雑誌の裏側に乗っているまたも怪しい謳い文句の業者に電話をしてしまいました。
そこの業者は、「30万円は貸してあげれる」と、大風呂敷を広げてきました。しかし、「A社とB社に申し込んでもらいたい。借入理由は、旅行。
職業は○○で、働いている場所は○○。電話番号は…」など、細部いたるまで申込時のシナリオが用意されていました。明らかにおかしいとは思いながらも、その指示に従って奔走します。結果、2社から100万円を借りれました。
何故、当時の自分が借りれたか分かりませんが、大手消費者金融では無かったからでしょう。そして、午後3時までにこの口座に70万円を振り込んでくれ、といわれ振込。
電話をすると、残りの30万円はお前のものといわれ、音信不通状態へ。
結果、70万円分の借金が増加しただけで、相手は支持しただけで70万円を手に入れたわけです。
今となれば、なぜ被害届を出さなかったのか不思議ですが、お金に飢えていると、最悪な自体を招いても怒りすら湧いてこないのです。

●最終的に債務整理へ

meibomiru_men

最後の紹介屋で目が覚めた私は、返済だけに集中するようになります。しかし、5社から満額借入を続けていたわけですから、とても返済が間に合いません。
仕事を必至で探し、手取りを上げ、返済をし続けます。
しかし、結果的にはままならなくなってしまい、弁護士事務所へ。丁度、グレーゾーン金利の問題が勃発して過払い金請求で世間が賑わい始めてきた頃だったのです。
おかげで、残りの残債は過払い金請求でカバーでき、ブラックではありますが借金で苦しむ生活は終わりました。
本当に、今考えても浅はかだったと思います。
お金は、人から借りるものではなく、自分で生み出すものです。ぜひ、皆さんは闇金などには手を出さないでください。
自分だけでなく、回りの人々にも迷惑がかかりますので。

●闇金の特徴とは?

yamikin

まず、闇金に引っかからないめには、闇金の特徴を知ることです。闇金はブラックというような、もうどこにも借りることができないような人を狙っています。

「300万円を金利1%」「ブラックでも即日融資OK!」など、甘い言葉で誘惑します。
お金が無く、どこからも借入ができないような人はとことん焦っています。
今まで借入でお金を捻出していたのですから、この手に直ぐ乗ってしまうのです。借りたら最後、金利も決まっておらずむしり取られ続けるのです。

●闇金を避けるには?

ayasii_hatmen

まず、世の中にはうまい話は無いことを頭に入れておきましょう。そして、闇金は許可を取っていない場合が多くあります。
さらに、090など携帯電話での取引も正式な消費者金融ではありません。ただし、それなりに普通のような業者の振りをしている場所もあります。
一度、電話してみて、審査の方法、金利、返済頻度などコト細かなことを大手消費者金融と比較しましょう。
明らかにおかしい部分があった場合、何をいわれようが手を引きましょう。
そして、もし闇金に借りてしまったら直ぐに弁護士に相談しましょう。
闇金は犯罪の取引です。こちらに、一切の非はありません。
ただし、もっとも大切にしないといけないことは、闇金を利用しないことです。ぜひ、注意してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする