時効までもうすぐ!カードローンの過払い金請求方法

現在のカードローンの金利は銀行であれば12%から15%程。
消費者金融であれば18%ほどの金利になっていますが、一昔前は30%近くの金利だったということをご存知ですか?今では30%の金利は違法金利になります。
18%と30%には、すごい差があるためとその差分を取り返すことができるのです。
それが巷でよく言われる「過払い金請求」。カードローンもこの過払い金請求ができます。
では実際どのようにして行うのかを説明していきます。

過払い金ができる人とは

過払い金請求は現在では法定金利18%ですが、過去にそれ以上の金利を払っていた経緯があるのであれば払いすぎていた金利に関してはその金融会社から取り返せるという制度です。
2007年以降に18%以下の金利にしなければならないという処置が行われましたが、それ以前は先ほどもご紹介したとおり、30%の金利が普通に行われていたのです。
過払い金請求ができるかどうかの着眼点としては2007年以前にカードローンを使っていたかどうかです。
カードローンは1990年代にはすでに台頭していましたそのため、2007年以前にカードローンを使ったことがあるという人も多いのではないでしょうか。
そんな人がカードローンの過払い金請求をするためにはどうすればいいのでしょうか?

過払い金請求の方法

過払い金請求をする方法は2つあります。
一つは自分でする、二つ目は弁護士や司法書士などの過払い金請求のプロに頼むのか。
どちらもやることは一緒です。今から紹介する方法を自分でしたくないという場合は、弁護士や司法書士などのプロに頼むといいでしょう。

具体的にどうやってするのかをご説明していきます。
まず自分が違法金利で払っていたという事実を手に入れなければなりません。
つまりは2007年以前に18%以上の金利で払っていたという事実を証拠として手に入れる必要があるのです。
その証拠として、過去の契約書類を持ってなければならないと思われがちですが、そんな書類をしっかりと残している人はなかなかいません。
実はこれを手に入れることは簡単です。
自分が借りていたカードローン会社に請求すればいいのです。
つまりはカードローン会社が残している履歴をもらうことができます。
基本的にこの請求はカードローン会社が断ることができません。ローン会社によって請求に応えてくれるタイミングは様々ですが早いところで1週間、遅くて2〜3ヶ月で過払い金の請求のために必要な過去の履歴についての書類をくれるでしょう。
その書類をもらうと過去に自分がいくらの金額をどれくらいの金利で借りていたのかなどがしっかりとわかります。
それらを元にいくらお金が返ってくるのか計算しなくてはなりません。
この計算方法が非常に複雑なためか、司法書士や弁護士に過払い金請求この依頼をしなくてはならないのです。
しかし、この計算方法は自分で行う事は難しいのでしょうか?

計算は自分でもできる

実はあまり知られていないのですが過払い金請求の計算については、なんとパソコンのソフトとして無料で提供されています。
過払い金請求 計算ソフト」で検索してみてください。
非常に精度の高いツールが無料で配布されています。
これに必要情報を入力するだけでカードローン会社に提出しなければならない計算書というものが自動で作成されます。
この事実についてあまり知らない人が弁護士や司法書士に過払い金請求の依頼をすることが多いのです。
もちろん弁護士や司法書士には報酬を払わなければならないため、ここを少し頑張るだけで報酬料を浮かすことができるようになるでしょう。
計算ソフトでお金について計算したらそれに伴って自動で発行される計算書を過払い金請求申立書というフォーマットと共にカードの会社に送りましょう。
過払い金請求申立書もインターネットで取得することができます。書き方も非常に簡単で主に「過払い金請求をお願いします」という旨を書いただけです。
計算書と申立書、この2つをカードローン会社に送りましょう。
早いところで2週間、遅くても2ヶ月程度で自分が指定した銀行の口座に過払い金が振り込まれます。

まとめ

テレビでは大々的に放映されている過払い金請求。
弁護士等が説明をしているため、自分ではなかなかしにくいと思われがちですが、ひと手間、ふた手間かけることによって自分ですることもできます。
ですがパソコンのソフトが使えない・プリンタがないなどと様々なハードルがあるとなかなか自分だとやりにくいところもあるでしょう。
また、カードローン会社とのやり取りを自分で行わなければならないため、一概に弁護士や司法書士に頼むメリットがないというわけでもありません。
自分でする時間がないという人や、少し自分でするのは不安だというのは人は弁護士や司法書士に頼むのもいいでしょう。
以上、カードローンを過払い金請求する方法についてご紹介してきました。過払い金請求をするときの参考にしていただけると幸いです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする