数社借入していたが、アイフルは希望額を貸してくれた

民間のカードローン会社の中でも大手であり主要な駅前には必ず無人ATMが設置されているほど知名度も高いアイフルですが、過去に借り入れを行ってみたからこそ分かる体験や注意点も多くありましたので見ていきましょう。

アイフルへの申し込みに至るまで

まずアイフルで借り入れを行った利用目的は他社からの毎月の返済に充てる事で4社200万円の借り入れがある中での申し込みとなりました。
毎月の返済額だけでも5万円近くありましたので返済するだけで生活していく上において苦しい状況にありましたし、もしアイフルの審査に通って少しでも融資を受ける事ができれば何とか今月1ヶ月だけは凌げるという思いで申し込みを決意したのです。

場所は新幹線が停車する主要な駅前から徒歩3分の、交通量・人通りとも多い赤い看板が目立つ最高の立地条件にあり複数のカードローン会社が入るビルの2階に有人店舗があったので人目を気にする事もなく藁にも縋る思いでの入店となりました。

中には4~5人の従業員と既に数名の利用客がおり明るい店舗の雰囲気の中座席に誘導され融資の旨を伝え決戦の幕が切って落とされたのです。
これまで何枚も記入してきて書き慣れた感がある申し込み用紙にスラスラと記入を終え在籍確認に入りカウンターに並べて準備しておいた運転免許証や口座から引き落としのための通帳と印鑑などスムーズな展開で進み30分も経たないうちに審査へと入ったのです。

数社借入をしていた

実はアイフルのカードローンで申し込みを行う以前に別のカードローン会社にも数社申し込みを行っていましたが、無人ATMで申し込みをした際には記入を終えた申し込み用紙を読み込ませるとまるで門前払いの如く弾かれ通称天の声とも言われる女性オペレーターから審査不可を告げられていましたので、アイフルでも当然審査に通過しない事もある事は重々承知の上での申し込みでした。

申し込みを行ったのは平日の午前11時頃で、もしアイフルの審査に落ちたら夕方くらいまではお金を融資してくれる所を探そうと考えておりましたが、1時間、2時間経っても審査結果が出ないのです。
忙しいそうに駆け回っている従業員の姿や時折店舗に隣接するCD(キャッシュディスペンサー)を利用しに訪れる利用客の姿を見ながら時間だけ過ぎていきました。
午後2時を回った頃ようやく女性従業員が近づいてきて口頭で審査の結果を告げ固唾を飲んで一言一句聞き逃さないような緊張が走りました。

ドキドキの審査結果

さて、ドキドキの審査結果が言い渡されました。「断られたらどうしよう・・・」「いや、きっと大丈夫」という気持ちが行ったり来たりしていました。

そして結果は・・・「お客様の条件では大変厳しいのですが、希望額通りのご融資が可能です」という審査結果が出ました!!
心の中では飛び跳ねたいくらいの喜びと嬉しさでしたが、表情はあえて冷静さを装い契約内容や契約書、キャッシュカードの説明ももう上の空で心ここに在らずでした。

CDから希望額通りの10万円を引き出すとその足でスキップ交じりに銀行のATMに向かい今月の返済が滞っていたカードローン会社へ振込カードで無事に返済を済ませ気付いた時には午後3時前でした。1時間ほどかかってしまいましたが、落ちたら他のところを探さなくてはならなかったので足取りは軽いです。とても嬉しかったのを覚えています。

複数のカードローン会社の審査を受けてきた中でこの条件で満額の融資を受けられたのは後にも先にもアイフル以外ありませんでしたし、審査に通っても融資額を減らされたり希望額通りの融資を受けられたのはアイフルが最後でした。
ただ毎月の返済額がアイフルで借り入れを行った事でプラス4千円になる事は分かってはいましたが、もしアイフルの審査に落ちたら当月分の返済のメドが立っていない状況でしたのでその場凌ぎとは言え大変感謝できるカードローンでした。
アイフルは審査通過率が良いのかもしれません。もしくは私の祈りが届いたのかもしれません。

現在の状況

現在は、既に完済しています。実は過払い請求も済ませ、取引期間中何回か返済に遅延も発生していた事から晴れてブラックリストに掲載される結果となりましたが、カードローン会社でも審査基準が異なり自分のような多重債務の厳しい条件の中でも融資が受けられる事を身を持って経験した事がアイフルの体験談となります。これから利用を考えている方の自信になったらいいなと思います。

あの苦しいときに支えてくれたのはアイフルだったので、感謝しています。
もしあのとき断られていたら、どうなっていたんだろう?とか、他のところにも落ちまくっている私だからこそ、通してくれるところは貴重で感謝なんです。
返済を遅れたりしてしまいましたが、なんとか完済することが出来て良かったと思います。
審査に自信のない人はアイフルが良いかも!というのはここだけの秘密です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする