【実体験】カードローンを利用すると他のローンにも影響するの?

カードローンを契約して借入があるけど…カーローンを組みたい!という時にやっぱり気になる審査への影響。

カードローン借入中にカーローンを申請した経験から導いた答えとは…。

 

1.総量規制と信用情報をクリアしているか

総量規制

カードローンの借入残高がある状態での他のローンの審査をする場合に、まず第一関門となるのが「総量規制」です。
総量規制とは、年収の3分の1以上の借入は出来ない規制のことで、総量規制の対象となるローンからは借入が出来ないことになっています。
カードローンでは、銀行カードローンは対象外、消費者金融は対象内となっており、消費者金融から年収の3分の1以上は借入ができません。
当然、総量規制を超える金額の借入になるケースであれば、まず間違いなく審査には通りません。

信用情報

次の関門は、「信用情報」です。俗にいうブラックリストのことです。
実際にはブラックリスト入りではなく、信用情報に事故情報を記載されることを指しています。
これも当然の事ですが、利用中のカードローンに長期遅滞や度重なる遅延などの金融事故がある場合には、他のローンの審査をパスすることはまずないと考えてよいでしょう。
ローンは特に返済の延滞に厳しい傾向があり、当然ですが借入額が上がっていくにつれて審査も厳しくなっていきます。

気になるのは、上記のような”金融事故レベル”ではない軽微な支払いの遅れなどがある場合の対応です。これに関してはローン会社ごとに取り決めが違うようですが、基本的にはカードローンは”一度でも支払いが遅れると信用情報機関に登録される”ようです。

カードローンのキャッシングではなく、クレジットカードの支払いの場合は同月内の2度目の引き落とし日に支払いを完了すれば信用情報機関には情報を出さないという回答をした会社もありました。

カードローンに関しては対応が厳しいようです。

 

2.カードローンを利用している事そのものは影響する?

基本的に、「総量規制」と「信用情報」に問題がなければカードローンでキャッシングをしている=審査に通らないというわけではありません。

むしろ、社会人になってある程度の年月が経っているにもかかわらず、借入やクレジットカードの利用が過去に一度もない状態の方が審査が通りにくい場合もあるといいます。(すなわち、「スーパーホワイト」と呼ばれ、クレジットヒストリーが全くない状態のことを指しています。)

というのも、信用情報機関に過去の使用歴が残っていてちゃんと支払いをしてきたというある種の”履歴書”のような物がある方が信用度が上がる事があるというのです。それが、カードローンのキャッシングであったとしても信用につながる”良好な取引の履歴”であればプラスポイントにもなり得るということです。

 

3.実際にカーローンを申請してみた

・申請時の条件

実際に、カードローンのキャッシング借入残高が約40万円の時にディーラーで100万円の中古車のローンを申請しました。

 

当時の年収は250万円で勤続年数は1年で年齢は29才でした。この時、カードローンは遅滞などはなかったのですが、過去に2度程、クレジットカードの支払いを忘れていた事がありました。督促のハガキが来てあわてて支払いをすませましたが、この情報が、信用情報機関に登録されていたかは確認していません。

 

申請したカーローンは、保証人なし担保なしのもので、ディーラーの自社ローンでした。頭金はなしで、その場ですぐに審査結果が出るという一般的なカーローンです。

・審査の際に必要だった情報と条件

申請の際に書類に記載したのは、住所や名前、勤務先などの一般的な情報のみで源泉徴収票や給与明細の提出はありませんでした。

他社からの借入は聞かれず信用情報機関(CIC)の情報を確認する書類にサインするのみでした。

勤続年数の短さやキャッシングの事実があるので、客観的に見るとかなり厳しい結果が予想される状況です。

 

担当者に事情を話すと「もしかすると、保証人のお願いをすることになるかもしれません」と、かなり弱気。カーローンは総量規制対象外ではあるものの、他社から無担保で借入してる場合は難しいこともあるとの説明を受けました。

 

審査にかかった時間は20分程度、厳しいのではないかと思われたカーローンはすんなりOKという結論に。

 

この結果を見る限り、やはりカードローン=他の審査が通らないわけではないようです。

4.審査結果に影響するポイントはここ

では、何故、上記のケースですんなり審査をパスできたのでしょうか。

実際に審査がどのような基準で行われているかを教えてくれる会社はありませんので推測にはなりますが、カードローンに残高がある状態での他のローンへの影響は、返済負担比率と年間返済額のバランスが重要なポイントと考えられます。

 

年収と年間返済額のバランスが保たれていれば、カードローンの残高がある事そのものが影響して、審査をパスできないという事はないようです。

 

上記のケースですと、年収250万円・年間返済額24万円の状態でパスしたローンは100万円の5年払い年間返済額38万円となります。トータルで考えると年間返済額が年収の25パーセント程度となります。

この場合、法律上の総量規制は関係ありませんが年間返済額が年収の3割程度であれば審査をパスしやすいという事が言えるでしょう。

 

5.結論!
カードローンの借入があっても、他のローンの審査は通る

結論としては、カードローンの借入そのものが他のローンの審査に悪影響は与えないということです。

 

ですが、当然すべてOKになるわけではありません。

 

信用情報

総量規制

年収と年間返済額のバランス

 

の3点をクリアしているかどうかがひとつの目安と考えてよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする