カードローン返済中に限度額が減らされることはあるのか?

融資限度額を目一杯利用している人は意外と多くいらっしゃいます。
そして、増枠してもらうために、限度額アップの依頼をするわけですが…。
実は、逆に減枠されてしまう場合もあるってご存知でしたか?
意外と知らない、融資限度額の減額について、ここで詳しく説明をしていきたいと思います。
もし減枠されてしまったときのことも考え、増枠のコツも合わせて説明をしていきます。
ぜひ知識として身に付けておいて、いざというときのために備えておきませんか?

■諸所の理由で融資額が減らされることはよくある話

そもそも、いきなり借入可能額が減額されてしまうことはあるのか?という疑問があるかと思います。
見出しに記載した通り、理由は様々ですが、残念ながら減額されてしまうことは、よくある話です。
ただ「よくある話」と言っておきながら、いきなり矛盾をしてしまいますが、普通に問題なく利用をしていれば、減額されることはないでしょう。
では、どうして減額されてしまうのか?
理由は諸所ありますが、代表的なものは「延滞ばかりしている」という状況が挙げられます。
延滞しているということは、融資額が支払い能力を超えてしまっていることを指すわけですから、減額されてしまうのは致し方がないところと言えます。
他にも、稀にですが、借入と返済を繰り返していると、減額されてしまうこともあります。
こちらは、業者によって判断が異なるため、対応が異なってはきますが(減額されない場合も多々ある)、このような理由でも減額される可能性はあることは理解しておきたいところですね。

■減額後…借入額が越えてしまった場合はどうなるのか?

では…いきなり減額をされてしまった場合、既に借入額が、減額後の融資額を超えてしまっていた場合はどうなるのか?
疑問は大きく2つあるかと思います。
超えてしまっている分を一括で返済をしないといけないのか?
そして、超えている状態でお金を借りたい場合は…どうしたらよいのか?
ということで、以下より、この疑問の回答をしていきたいと思います。
◇一括で返済をしないといけないの?
前者の疑問が、一番、気になるところになるのではないでしょうか。
ズバリ結論を言うと、一括返済をしないで大丈夫です。
今まで通りの返済額で毎月支払っていけば何ら問題はありません。
いきなり「超えている分を一括返済をして!」と言われても…そんなお金があるのであれば、繰越返済をしているはず。
業者側も、このようなことは無理と理解していることもあり、一括返済を迫られることはないため、ご安心下さい。
◇融資を受けることはできるの?
融資を受けることは…当然、できません
減額された融資枠を下回るまでは、新たな借入はすることができません。
もし出来てしまったら、減額をした意味がないため、借入ができないことは、予想通りといったところでしょう。
ちなみにですが、どうしても借入したいとなった場合、他業者に申込をしたとしても審査落ちをしてしまう可能性が高いことは理解しておいてください。
信用情報では、融資枠も知ることができ「減らされた」ということは一目瞭然。
このように減らされてしまった人を顧客にするのか?と問われると、リスクの面も考えノーとなってしまうのは致し方がありませんよね。

■貸金業法改正時…このような状況に陥ってしまった人は多くいる

さて、限度額を超えて融資を受けている人は意外と多く存在したというのはご存知でしょうか?
貸金業法が改正されたとき、総量規制がかかり、年収の3分の1以上の融資を受けていた人(厳密には消費者金融業者を利用していた人)は、このような状況になってしまいます。
では、このような状況になってしまった場合、当時の人達はどうしたのか?と気になるところ。
色々と選択肢がある中、やはり多かったのは「借りることを辞め、生活を見直し、とにかく返済に邁進した」という選択になります。
中には、債務整理という選択をしざるを得なかった人も。
ともあれ、このような状況になってしまった人は多く存在したことも理解しつつも、明日は我が身ということも念頭に置いておきましょう。

■減らされた後…増枠するためにはどうしたらよいか?

では…減額されてしまった場合、その後、改めて増枠することは可能なのか?と気になるところかと思います。
結論から言えば、全然、可能です。
ただ、減額された理由をしっかりと受け止めて、それを改善する必要があります。
業者からは「何故、減額したのか?」ということは教えてくれないことが殆どです。
したがって、ピンポイントで改善することはできませんが…兎にも角にも、はみ出ている分を早く返済することが先決です。
これが出来てから、初めて増枠の交渉テーブルにつくことができるわけですからね。
また、返済中も可能な限り他業者に申込をするなど、新たな借金を増やさないようにすることも重要です。
状況によって、改善することは難しいかもしれませんが、増枠するためには必要なことと理解して、対応していくことが大切。
これが増枠のコツになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする