カードローン金利1%は返済額だとどのくらい?

ローンは低金利の方が良い、と漠然と思っている方は多いことでしょう。しかし実際のところ、低金利のローンは審査基準が厳しく、収入の少ない方やすでに複数社からお金を借りているような方はなかなか審査に通らないことも事実です。

 

金利は1%でも低い方が良いことは事実ですが、返済期間によっては1%程度の金利の違いでは利息額がそれほど違わない場合もあります。1ヶ月借りた場合と、1年間借りた場合で、利息の額の差は大きく変わってくるのです。具体的に計算して、利息額を比較してみましょう。

下にある一覧に飛ぶ

■80万円を借りた場合、期間によって利息額はどう変わる?

比較を行うために、今回は80万円を借りた場合で考えていくことにします。借りたと仮定する金融機関は以下の3社です。

年利18.0%の消費者金融会社:A社

年利17.0%の信販系金融会社:B社

年利15.0%の銀行系カードローン会社:C社

この3社で80万円を借りたと仮定して、実際に利息がどの程度の金額になるかを比較してみましょう。

80万円の場合
期間 A社の利息額 B社の利息額 C社の利息額
1ヶ月 12,000円 11,333円 10,000円
1年間 80,128円 75,566円 66,480円
5年間 418,885円 392,924円 341,917円

1ヶ月間の短期間で返済する場合には、金利が1%違うA社とB社では667円、金利が3%違うA社とC社の間でも2,000円と、利息の差額は小さなものとなっています。しかし1年間で返済する場合には、A社とB社では4,562円、A社とC社では13,648円とその差額が大きなものとなります。

さらに5年間で返済した場合には、A社とB社では25,961円の違いが生じます。A社とC社の間では、5年間で76,968円の違いが生じてきます。5年間の場合では1年あたり2万円近い差が生じており、かなり負担感に差が生じる結果となります。

■50万円、30万円でも調べてみよう!

より少ない金額で借り入れを行う際には、利息の違いはどの程度生じてくるのでしょうか。先ほどの3社から50万円を借り入れた場合、1ヶ月、1年間、5年間でどの程度の差が生じるか見てみることにしましょう。

50万円を1ヶ月で返済し終えた場合の利息を計算します。

 

A社の場合(年利18.0%)

 500,000×0.18÷365×307,397   1ヶ月分の利息7,397

 

B社の場合(年利17.0%) 

500,000×0.17÷365×306,986   1ヶ月分の利息6,986

C社の場合(年利15.0%) 

500,000×0.15÷365×306,164   1ヶ月分の利息6,164

 

金利が1%低いA社とB社では、1ヶ月間で411円しか利息が違いません。金利が3%違うA社とC社の間でも、1ヶ月間で1,233しか利息が違わないため、短期間で返済してしまう場合には金利の違いはそれほど大きくないことがわかります。

 

次に、50万円を1年間で返済し終えた場合の利息を計算します。

A社の場合(年利18.0%) 

毎月の返済額:45,840

利息総額:50,080

 

B社の場合(年利17.0%)

毎月の返済額:45,602

利息総額:47,229

C社の場合(年利15.0%) 

毎月の返済額:45,129

利息総額:41,550

 

最後に、50万円を5年間で返済し終えた場合の利息を計算します。

A社の場合(年利18.0%)

毎月の返済額:12,697

利息総額:261,803

 

B社の場合(年利17.0%)

毎月の返済額:12,426

利息総額:245,577

C社の場合(年利15.0%) 

毎月の返済額:11,895

利息総額:213,698

金利が1%低いA社とB社では、1年間で2,851円しか利息が違いません。しかし、金利が3%違うA社とC社の間では、1年間で8,530円の違いが生じてきます。1%程度ではあまり差がありませんが、3%金利が違ってくると利息の差額も少しずつ大きくなります。

金利が1%低いA社とB社では、5年間で16,226円の違いが生じます。金利が3%違うA社とC社の間では、5年間で48,105の違いが生じてきます。これだけの期間になると金利が1%違うだけでもかなり違いが生まれてきますので、少しでも金利の低いローンを選ぶ必要も出てくるでしょう。

50万円の場合
期間 A社の利息額 B社の利息額 C社の利息額
1ヶ月 7,500円 7,083円 6,250円
1年間 50,080円 47,229円 41,550円
5年間 261,803円 245,577円 213,698円

しかし5年間で返済した場合には、A社とB社では16,226円の違いが生じます。A社とC社の間では、5年間で48,105円の違いが生じてきます。返済期間が長くなる場合には、1%の違いでも比較的利息の違いが大きくなっていくことが分かります。

では、前項の3社から30万円を借りた場合でも調べてみましょう。

30万円の場合
期間 A社の利息額 B社の利息額 C社の利息額
1ヶ月 4,500円 4,250円 3,750円
1年間 30,048円 28,337円 24,930円
5年間 157,082円 147,346円 128,219円

1ヶ月間で完済した場合には3社の利息の差額は1,000円以下の微々たるものです。しかし返済期間が5年間など長期にわたると、1%でも1万円近い差額が、3%の場合は3万円近い差額がそれぞれ生じてきています。

■もっと低い金額ならどうなる?10万円の場合には?

より小さな金額ではどうなるでしょうか。前項と同じ金利18%のA社、17%のB社、15%のC社で、それぞれ10万円を借りたと仮定して考えてみましょう。今回は1ヶ月、6ヶ月、1年間の期間で比べてみます。

1ヶ月で10万円を返済した場合を見てみましょう。

A社の場合(年利18.0%) 

100,000×0.18÷365×301,479  1ヶ月分の利息1,479

 

B社の場合(年利17.0%)

100,000×0.17÷365×301,397  1ヶ月分の利息1,397

 

C社の場合(年利15.0%)

100,000×0.15÷365×301,233  1ヶ月分の利息1,233

 

1%の違いでも3%の違いでも、それぞれ支払う利息の差額は微々たるものです。

 

次に、10万円を6ヶ月間で返済した場合を見てみます。

A社の場合(年利18.0%)

毎月の返済額:17,553

利息総額:5,315

 

B社の場合(年利17.0%)

毎月の返済額:17,503

利息総額:5,016

C社の場合(年利15.0%) 

毎月の返済額:17,403

利息総額:4,420

先ほどよりは差額が生まれましたが、それでも1,000円以内の小さな差に収まっています。
最後に、10万円を1年間で返済した場合を見てみます。

 

A社の場合(年利18.0%)

毎月の返済額:9,168

利息総額:10,016

B社の場合(年利17.0%) 

毎月の返済額:9,120

利息総額:9,446

C社の場合(年利15.0%) 

毎月の返済額:9,026

利息総額:8,310

金利が1%低いA社とB社では、1年間で570円しか利息が違いません。金利が3%違うA社とC社の間でも、1年間で1,706円の違いしか生じていません。10万円程度の借入の場合には、金利が3%程度違っても、それほど生じる利息額に大きな差は生まれないことが分かりました。

10万円の場合
期間 A社の利息額 B社の利息額 C社の利息額
1ヶ月 1,500円 1,417円 1,250円
6ヶ月 5,315円 5,016円 4,420円
1年間 10,016円 9,446円 8,310円

1ヶ月で完済した場合は、それぞれの金融機関に支払う利息の差額は微々たるものです。6ヶ月の場合でも差額の違いはほとんど生じていません。1年間の場合でも、A社とB社では、1年間で570円しか利息が違わず、A社とC社の間でも、1年間で1,706円の違いしか生じないことが分かります。10万円程度の借入の場合には、金利が3%程度違っても、それほど生じる利息額に大きな差は生まれないことが分かりました。

■金利を表でまとめ

上記で紹介したものを表にまとめるとこんな感じです。
借入額と返済期間でみると、額が小さいとわかりにくいですが、額が大きいとたった1%金利が違うだけで、数万円~数十万円の差が出てきます。

借入額と返済期間に対する利息総額
借入額 返済期間 A
(年利18.0%)
B
(年利17.0%)
C
(年利15.0%)
80万円 1ヶ月 12,000円 11,333円 10,000円
1年間 80,128円 75,566円 66,480円
5年間 418,885円 392,924円 341,917円
50万円 1ヶ月 7,397 6,986 6,164
1年間 50,080 47,229 41,550
5年間 261,803 245,577 213,698
30万円

1ヶ月 4,500円 4,250円 3,750円
1年間 30,048円 28,337円 24,930円
5年間 157,082円 147,346円 128,219円
10万円 1ヶ月 1,479 1,397 1,233
6ヶ月間 5,315 5,016 4,420
1年間 10,016 9,446 8,310

■借り入れる金額と返済期間で、計画的に借入先を選ぼう!

 

このように、50万円などの比較的大きな金額を借り入れ、かつ5年間などの長い期間で返済を行う場合には金利の高低が大きな問題となってきます。しかし、10万円程度の比較的小さめの金額を借りた場合には金利の違いは印象ほど利息額に違いをもたらさないことが分かります。

 

また、50万円などの大きな金額を借りた場合でも、1年間程度で返済することができればそれほど大きな差額を生み出さないことも分かります。ローンを選択する場合には、金利よりもまず「どのくらいの金額をどのくらいの期間で返すか」という部分を考えて、借入先を選択する必要があるでしょう。

 

■まとめ

 

金利が低いローンは、当然審査基準も厳しくなります。収入や借入の状況などから、金利の低いローンでは審査に通らない方も当然出てくるでしょう。

しかし金利が比較的高いローンの審査しか通らなかった場合でも、借入額を抑えたり返済期間を短くしたりすることで、十分に利息額を抑えることは可能なのです。
ローンを選ぶ際には、まずは自分が「どのくらいの金額をどのくらいの期間で返すか」という部分をしっかり考える必要があるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする