ステータスは大丈夫?カードローンの審査を通過するために必要なこととは

カードローンの申込みの最難関が審査ですよね。(⇒「審査」のカテゴリーでみる

審査に通過できなければ借り入れができないため、
この部分がもっとも気になるところです。

そんなカードローンの審査にコツはあるのでしょうか?

■審査に通過するためのコツはあるか?

結論からいうと審査に通過するためのコツというのはありません。

カードローンの審査はスコアリングや信用情報によって決まってきます。

スコアリングとは年収や職業などの情報をもとに、
あなたの返済能力を採点化するプログラムのようなものです。

ほとんどの業者では審査にこのスコアリングを採用しているんですね。

信用情報というのはあなたの借入れや返済などの記録です。

クレジットカードやカードローンの利用記録は、
信用情報機関に必ず記録されることになります。

カードローン業者(とくに大手)はこの信用情報機関に、
必ずといっていいほど加盟しています。

そして審査時にはあなたの信用情報をチェックしますので、
過去の借入れや返済の記録はすべて分ってしまうわけです。

当然、スコアリングや信用情報はこちら側でどうにかできるものではありません。

カードローンの審査にはこの2つが基準となるため、
今から借りようという段階でどうにかすることは出来ないんですね。
日々積み重ねてきたものを把握されています。特にお金に関するものですね。
債務整理をしたら信用情報に登録され、クレジットカードのキャッシング枠なども把握されています。
いますぐ出来ることといえば、クレジットカードのキャッシング枠を解約したり、
他にもキャッシングやカードローンを利用したことがあればそれを解約したりすることくらいです。
使っていないクレカやカードローンがあれば、解約してしまうことをオススメします。

■こんな人は審査に通りにくくなるので要注意!

審査に通過するコツはありませんが、審査に通りにくい人というのはいます。

・過去に金融事故を起こした
過去に延滞等の金融事故を起こした場合、信用情報機関に
一定期間の間、記録されることになります。

期間は5~10年でこの期間はいわゆる「ブラックリスト入り」の状態です。

そのため、新たな借入れがむずかしくなります。

・安定した収入がない
カードローン会社が審査に一番重要視するのは返済能力です。

安定した収入がないと、そもそも返済が難しくなりますので、
返済能力が低いとみなされて審査にマイナスになります。

・他社での借入れ数が多い
他社での借入れ数が多いと問題になるのが総量規制です。

消費者金融系の場合、総量規制によって
借り入れは年収の1/3までと決まっています。

借入れしている業者が多いほど借入れ額も大きくなるので、
この総量規制に引っかかてしまう可能性が高くなるんですね。

また、業者に「多重債務者なのでは?」と疑われてしまうこともあります。

多重債務者は借金で借金を返済している人のことですので、
返済能力がないと見なされ、審査に大きく響きます。

・生活保護受給者である
生活保護を受けている方はカードローンを利用することができません。

生活保護費というのは最低限の生活をするためのお金ですので、
カードローンの返済にあてるのはもっての他になります。

万が一、審査に通ったとしてもカードローンを利用している事実が、
ケースワーカーに発覚した場合、最悪、生活保護の打ち切りもありえます。

ですので、絶対に利用はやめておきましょう。

■審査についてアドバイスをするなら

最後に審査のコツではありませんが、2つだけアドバイスがあります。

ひとつは嘘をつかないことです。

スコアリングの点数を上げようと、嘘の年収や職業を記載する方が、
なかにはいるようですがこれは絶対にNGです。

嘘の申告をしても信用情報機関に照会すれば、一発でバレてしまいます。

こうなると当然、審査には通らなくなります。ただし、正直にいうと
年収を多く見積もるくらいは誰もが行っています。
副業をしている人も多いので、正確な年収は誰にも把握できません。

ただし、職業は絶対に嘘をついてもバレます。
こんなアドバイスもどうかと思いますが、「嘘のつき方」に注意しましょう。

2つめは、保険のつもりでも一度に複数の業者へ申込まないことです。

カードローンに申込むと審査の合否に関わらず、
その記録が信用情報機関に残るんですね。

短期間にいくつもの業者に申込んでいると、業者に
「どこか問題があって審査に落されているのでは?」と思われてしまう可能性があります。

そうなると審査にマイナスになるため、
一度に複数の業者へ申込むのは止めておくのが無難です。

■まとめ

残念なことに審査に通過するためのコツというのは存在しません。

カードローンの審査は、スコアリングと信用情報によって決まってきますので、
これから申込もうという段階ではどうにもならないんですね。

とはいえ、カードローン会社もなるべくなら融資したいと思っています。

しっかりと働いており、安定した収入があって、
過去に金融事故を起こしていなければ、審査に通るのはむずかしくはありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする