ブラックリストだったら試すべき!マイナー企業紹介

ブラックリストというと、そういったリストがあって
そこに名前と住所などの情報を記されると思われがちですが
あくまでも信用情報機関に過去の金融事故が登録されるだけで
ブラックリストというものが存在しているわけではありません。

過去にローンの支払いの遅れや、自己破産などの債務整理を行ったことがあると
その情報は信用情報機関に登録されます。
新たにカードローンなどの審査を行う時に、こういった情報が残っていると
高い確率で審査に通らなくなります。
このことが一般的にはブラックリストに載るといわれています。

では、万が一ブラックリスト入りをしてしまうと
もうお金を借りることはできなくなるのでしょうか。

実はブラックリスト入りをしても
お金を融資してくれる金融機関がかなり減るだけで
絶対にお金を借りられないということではありません。

今回はブラックリストでもキャッシングができる方法を
何点かご紹介していこうと思います。

独自審査をしている消費者金融を選ぶ

一般的に大手カードローン会社や銀行は
信用情報機関で情報を見た時に金融事故の記録があった場合は
即融資を断るようになっています。

そのためブラックリストはお金を借りられないと言われているのですが
中堅のカードローン会社やマイナーカードローン会社では
独自審査と呼ばれる、各社それぞれの審査基準に照らし合わせての審査を行っています。

中にはブラックリストでも、独自の審査基準を満たしていれば融資をしてくれるなど
ブラックリストでもお金を借りることができる消費者金融会社も
数多く存在しています。

ここではブラックリストでも融資を受けられる可能性のある
消費者金融会社をいくつかご紹介します。

1、アロー

自己破産や債務整理をしたことがある人にも柔軟な対応をしてくれます。
金利は15.00%~19.94%と少し高めですが
ブラックリストでも借りられるのが非常に魅力的です。
他がダメならアローに頼るとよいでしょう。

2、SGファイナンス

こちらも自己破産の経験者でも柔軟に対応してくれます。
また現在進行形で債務整理中の人でも相談に乗ってくれるという
かなり柔軟な対応を行ってくれます。
金利設定も9.85%~18.0%とそこまで高いわけではなく
ブラックリストの人には非常におすすめな金融会社です。

3、ライフティ

こちらも独自審査を設けており、事故歴に柔軟な対応をしてくれます。
また業界に進出してからまだ日が浅く
新規顧客の獲得に意欲的になっているため
審査のハードルが少し低くなっています。

これに関しては恐らくライフティの目標顧客数に到達すれば
審査のハードルは元に戻ると思われますので
お考えであれば早めの申し込みをオススメします。

4、セントラル

セントラルは自らが自己破産をした人や
債務整理をした方でもご相談下さいと公言しており
ブラックリストの方でもかなり柔軟な対応をしてもらえる会社となります。

また中小ローン会社の中ではかなり老舗となり
店舗数も多いため健全な経営をしている会社ともいえるでしょう。

新規参入してきた会社を狙う

これはあまり会社数も多くないですし
期間も短いものになりますが
金融業界に新規参入をしてきた会社も
かなり審査が甘くなる傾向になります。

と、いうのも新規参入してきた会社は
まだ顧客を持っていませんので
まずは顧客を獲得することが
会社を存続させるために必要不可欠となるからです。

こういった場合、せっかく申し込みをしてくれた人を落とすということは
よほどひどい金融事故がない限りはないと思われます。

また明確な審査基準が確立していなかったり
審査のノウハウがなかったりしますので
とにかく新規参入会社は審査に通りやすいと思って頂いて間違いないです。

ここでは最近、新規参入をしてきた金融会社をいくつか紹介します。

1、ライフティ

中小カードローン会社の方でもご紹介しましたが
新規参入をしてきた会社になります。

2、楽天銀行スーパーローン

こちらは銀行系のカードローンとなるため
一般的には審査は厳しくなると思われがちですが

楽天銀行自体が業歴が浅い銀行であるため
かなり審査も緩いと言われています。
また、銀行系カードローンのため
金利の設定も低く、利用しやすいカードローンになります。

銀行系の良さと、審査の緩さを兼ね備えた唯一のカードローンといえるでしょう。

まとめ

今回はブラックリストの方でもキャッシングができる裏技と題して
ブラックリストの方でもお金を借りることができる方法を
いくつかご紹介させて頂きました。

ブラックリストだからといって、どこもお金を貸してくれないわけではありません。
そもそも、ブラックリストにお金を貸してはいけないという法律などないのです。

消費者金融はどこもそうですが、お金を貸したくないわけではありません。
むしろお金を貸すことで得られる利息で経営をしているわけなので
できれば積極的にお金を貸したいところばかりなのです。

それを踏まえ、今回ご紹介した消費者金融であれば
ブラックリストの方でもお金を借りられる可能性がおおいにあります。
ブラックリストになったからといって諦めるのはまだ早いですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする