ブラックリストを消せる方法があるって本当?

借金を返せなくなった時に得られる不名誉な称号…それが「ブラックリスト」入りです。
ブラックリストに載ると、新しくクレジットカードを作ることはおろか、キャッシングはできず、住宅のローンも組めません。
ブラックカードの情報を消すことができたら…と思う人もいるでしょう。
では、ブラックカードの情報は消すことができるのでしょうか?

ブラックリストの情報はいつ消える?

正式には、ブラックリストという名前のものはありません。
ブラックリストと呼ばれているのは、個人信用情報機関が集めている、金融事故等のネガティブな情報のことです。延滞や代位弁済(金融機関が保証人に支払いを求めた場合)、債務整理、強制解約などが、ここでいうネガティブな情報にあたります。

このブラックリスト、いったん載せられたら終わりというわけではないんです。
全ての情報には保持期間があり、ある程度時間がたてば消去されます。
このことを専門用語で「異動」といいます。
つまり、いつかはブラック状態から脱出できるのです。
ブラックリストが消去される時期は、以下の通りです。

延納の場合】
日本信用情報機構(JICC) 完済後1年
全国銀行協会(全銀協)  完済後5年
指定信用情報機関(CIC)  完済後5年
債務整理の場合】
日本信用情報機構(JICC) 完済後5年
全国銀行協会(全銀協)  完済後10年
指定信用情報機関(CIC)  完済後5年
多重申し込みの場合】
日本信用情報機構(JICC) 申し込みから6か月
全国銀行協会(全銀協)  申し込みから6か月
指定信用情報機関(CIC)  申し込みから6か月

※JICC、全銀協、CICはCRINと呼ばれるネットワークを持っており、事故情報を居有しています。クレジットカード会社によっては、2つの組織に入っていることもありますので、注意しましょう。

※時効がいつまでか知りたい場合、各情報機関は情報の開示を受け付けています。HPからダウンロードした開示申込書、本人確認書類2点、定額小為替1000円分が必要出うs。

気を付けてほしいのは借り逃げを考えている人です。
法律上は時効がありますから、時がた経てば、債務は消滅します。
しかし、借り逃げをしている事実は、個人信用情報にしっかりと記載されます。
これは、改正貸金業法のもとで変わった点です。
時間はかかりますが、債務整理をすればブラックリストを消すことができますので、借逃をしている人は、必ずこの方法を取りましょう。

債務整理=ブラックリスト入りではない

債務整理をすると、それだけでブラックリストに入ると思っている方がいますが、それは違います。
そもそも、ブラックリストに載るのは、支払いを延滞した人。
そして、債務整理の場合には、弁護士によっていったん債権者への支払いが止められることが多いので、ブラックリストに載ってしまうのです。
ただし、期間によっては弁護士の受任通知(私が事件の依頼を受けました、という書類)が来た時点で信用情報に記載するところもあります。
どういった場合にブラックリストに載るかはケースバイケースですので、どうしてもブラックリストに乗りたくないという人は、一度弁護士に相談してみてください。

期間前に情報を消したい

みなさん気になるのが、期間満了前に「ブラックリストを消せるのか」ということでしょう。
先に結論を言ってしまえば、ただ一つの例外を除いてブラックリストを消すのは「無理」です。
事故情報が事実である場合は、何があっても登録期間が過ぎるまでブラックリストを消すことはできないのです。
インターネットで調べていると「必ずあなたのブラックリストを消します」「ブラックリストを消すノウハウはうちにしかありません」という広告を見かけることがあります。
しかし、ブラックリストを消すことはできませんので、そういった業者は悪質である可能性が高いです。
うかつに申し込むと、闇金融でさらに借金をさせられるおそれもあります。
甘い言葉に踊らされて、かかわることのないようにしましょう。

では、ただ一つの例外とはどのような場合でしょうか。
それは、純粋に情報が間違っていた場合です。
例えば、同姓同名の人の情報が載っていたり、誤った情報が登録されていることが考えられます。こういった場合には、信用情報機関に申し出ることで、ブラックリストの情報を消してもらえるのです。
特に、過去に過払い金請求をした人は注意が必要です。現在では改善されましたが、過去に消費者金融は過払い金を債務整理と同じに扱っていました。そのため、過払い金請求がブラックリストとして残っている可能性があります。

まとめ―甘い言葉に惑わされるな

以上のとおり、クレジットカードのブラックリストを期間途中で消すことは、原則としてできません。
「ブラックリストを消します」と謳っている業者は詐欺ですので気をつけましょう。
借りたお金は、きちんと期限内に返さないといけないということですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする