即日融資を受けられるカードローンはどこ?

カードローンの商品の多くは最短30分審査や即日融資でサービスを受ける事ができますが、どこのカードローン会社の商品を申し込むか、時間帯は何時か、平日か土日祝日かによって異なるのが特徴です。
申し込み方法でも有人店舗窓口や無人ATMから、あるいはWEBからの申し込みや外出先でしたらコンビニから必要書類をダウンロードして申し込む事もできますのでまず自分に見合った最適な方法で申し込む事が大事です。

■即日融資に対応しているところ

即日融資ができる消費者金融カードローンにはアイフル、プロミス、モビットなど大手のカードローン会社、銀行カードローンでは三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックが利用できます。
消費者カードローンの即日融資を受ける為のポイントは平日の午後2時という時間が大事で、午後2時が即日振込みを行うための大きな分岐点となりますので覚えておきましょう。

次に無人ATMから申し込みを行う場合ではモビットでは営業時間が21時までとなっているためそれまでに申し込みを完結する必要があるのです。
またモビットを例にあげてみますと、自宅からでも申し込みができるWEB契約であれば24時間356日利用が可能となりますが、審査可能時間が9時~21時と設定されているため即日融資を希望されるのであれば21時までに審査を受けなければいけないのです。

新規で申し込みをされる場合は他社からの借り入れ件数、借り入れ総額ともありませんので審査時間もスムーズに行う事ができスピーディーな即日融資を受ける事ができますが、他社からの借り入れが多かったり過去の取引状況を民間の情報信用機関で照合され遅延など信用度を下げる事例があった場合にはそれだけ審査時間も長くなり即日融資を受けられる可能性も自ずと低くなるのです。
そのようなケースではまず申し込みを行う前に各カードローンのHPで利用できる3秒診断を行ってみる事がお勧めで、折角急いで申し込みから在籍確認、審査まで受けた後に審査に通らなければ元も子もないのです。

■必要書類での注意点

次にカードローンの即日融資を受ける為の注意点は必要書類にあります。
在籍確認で提示する事になる運転免許証や健康保険証、返済方法で口座から自動引き落としを選択するのであれば通帳や届け出た印鑑、さらに申し込みをスムーズに行えるように勤務地の住所や電話番号、持ち家の形態や居住年数まで押さえておく事が重要です。
契約してからの返済期間の事まで考えるのであればはじめての方でしたらアイフルやプロミスの商品のように30日間無利息で利用できる商品を選んだり、プライバシーの観点から家族や周囲にバレたくないのであればWEBから申し込みから返済までを行えるなども参考にする事も大事です。
ただ決まった日時までにどうしてもお金が必要なケースではあらゆる手段を講じる必要があり、外出先であれば有人店舗の窓口や無人のATMで契約する事が確実な即日融資の方法で、担当の従業員からの手渡しか隣接するCD(キャッシュディスペンサー)でお金を受け取る事ができるからなのです。
また借入金額も50万円以内であればプロミスのように収入証明書は不要ですが、50万円を越える貸付や他社からの借入総額が100万円を越えるケースでは収入証明書が必要となるので押さえておきたいポイントとなります。

■正確丁寧に記入しましょう

またタイムリミットという時間ばかり気になって記載漏れや虚偽記載があれば確認された後即日融資を失敗する可能性もありますので、正確で丁寧な入力を心がける事が大切です。ケアレスミスで落ちてしまったら悔しいですよね。

即日融資を受ける為のカードローンのまとめとしては3大ポイントでもあるどこのカードローン会社の商品に何時までにどのような方法で申し込むかを念頭において、必要な書類を準備し記入ミスや虚偽記載を無くし借り入れ金額は50万円まで、WEBからの申し込みであれば提出する画像撮影にブレなどの問題はないか、メール受信設定は間違いないかなどに注意しカードローン大手で即日融資ができるアイフルモビットプロミスに申し込む事で即日融資を受ける事ができるのです。

指定された銀行口座を持っていれば即日融資がよりスムーズになる業者もあるので、大手の銀行口座やジャパンネット銀行を持っている方は検討してみてください。
手持ちの銀行口座を活用できるカードローンがオススメです。

■まとめ|消費者金融は便利

即日融資に対応しているといえば、消費者金融です。場合によっては受けられないこともありますが、基本的に時間までに申込から借入申請を行えば可能というところが多いです。
必要な書類を用意したり、記入のミスに気を付けて申込みましょう。

最近は即日融資に対応している業者が増えてきたので、ぜひ活用してみてください。
ただし必要書類や時間は注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする