審査基準になる『スコアリング』とは あなたは何点?点数表で解説

カードローンやキャッシング、おまとめローンなど、審査をする上で、大事なポイントがあります。
それは大きくわけて「信用情報」と「書類審査」、そして「スコアリング」の3つです。
キャッシングをする際に、機械によって分類され、ものの数分で属性をわけるのがスコアリングですが、その実態とは?
どのような点数配分になっているのか?
また、強化できる部分はあるのか?など、これをみたら原因がわかってしまう画期的な裏情報を入手しました!
これをみて分析してみてください。

■職業

・公務員、大企業:5点

・中小企業:4点

・自営業:2点

・パート、アルバイト:1点

・無職:0点

公務員や大企業は、安定しているために高評価です。

スコアリングは「安定」が大好きです。

収入が多くても、水商売系は評価が低くなる傾向があります。

また、言うまでもなく仕事をしていない無職よりもパートやアルバイトをしている方がまだマシです。

■年収

・400万円以上:5点

・300万円台:3点

・200万円台:2点

・200万円未満:1点

パートやアルバイトの方は、ほとんどが200万円未満の年収です。
そのため、この辺でポイントに差がついてくる一つの分岐点ができています。
通常の正社員の平均年収は400万円とちょっとなので、この時点で400万円以上であれば5点満点をもらうことができます。

■勤続年数

・10年以上:5点

・5~10年:4点

・1~5年:3点

・半年~1年:2年

・半年未満:1点

銀行カードローンの審査を受ける場合は3点はほしいですね。

■家族構成

・親と同居、夫婦と子供:5点

・夫婦のみ:4点

・独身2~3点

・離婚:0点

家族が多い=収入が必要という解釈になり、借金を飛ばれる心配もある程度抑えられることから、家族持ちがポイントが高いです。
離婚をしていると、慰謝料などの支払いの関係で金銭問題を抱えているためポイントが低くなる傾向があります。

■持ち家

・自己所有(ローンなし):5点

・自己所有(ローンあり)、家族所有:4点

・社宅、官舎:3点

・賃貸、公営住宅:1~2点

ここでは、資産状況とともに夜逃げのリスクについても考慮されます。

持ち家や社宅ですと、なかなか夜逃げがしにくいともいえますね。

賃貸が主流の今、やはり持ち家は強いです。これも当たり前っちゃ当たり前ですが、社宅や官舎が点数高めなのは意外な結果となりました。

■居住年数

・5年以上:5点

・3~5年:3点

・1~3年:2点

・1年未満:0点

居住年数は長いに越したことはありません。

■健康保険の種類

・共済組合:5点

・組合健保:4点

・社会保険:3点

・国民健康保険:1点

意外と重要なのが、健康保険の種類です。

健康保険によって勤め先が分かるからであり、公務員が加入する共済組合が最強です。

次いで大手企業が加入する組合健保となります。

社会保険でも、中小企業の正社員ですので、なかなかポイントは高いです。

■銀行口座の種類

・当行当座預金:5点

・当行普通預金:4点

・他行当座預金:3点

・他行普通預金:2点

・口座なし:0点

銀行カードローンは、自行の口座を持っているかどうかも重要になってきます。

その上で、当座預金の口座があればベストですが、なければ普通預金でもなかなかのハイスコアです。

他行の口座でも点数がもらえるのであまり気にしなくても良いかと思われます。

しかし、口座を一つも持っていないと社会的信用がないと判断されてしまい加点してもらえないので注意が必要です。

■クレジットカードの有無

・あり:3点

・なし:0点

クレジットカードがあると、審査を通過した実績があると判断されます。

年齢がそれなりなのにクレジットカードがないと、非常に低評価です。

■他社からの借入件数

・なし:5点

・1社:3点

・2社:2点

・3社:1点

・4社以上:0点

ここでも重要な項目が出てきました。
上記は、利用するのがおまとめローンの場合の点数になります。
これと並んで借入金額も重要となりますが、借入金額が少ないほどもちろん評価は高いです。

■まとめ|

いかがだったでしょうか。
あなたは何点でしたか?

「スコアリング」は下記の10項目を見るといわれています。

・職業
・年収
・勤続年数
・家族構成
・持ち家
・居住年数
・健康保険の種類
・銀行口座の種類
・クレジットカードの有無
・他社からの借入件数

すべてがここで決まるわけではありませんし、何点以上が審査に通るといった明確な基準があるわけではありません。
ただ、機械でスコアリングをすることによって、ある一定数は超えた人だけを集めることができます。
取捨選択をするための「作業」と言ってよいでしょう。

利用者側の私たちとしては、このシステムを理解し少しでも加点ポイントとなることをするくらいしかありません。

しかし、あなたは今この仕組みを知ることができました。
カードローンやキャッシングの審査を受ける際には、どういったところを注意すれば通りやすいかわかったのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする