カードローンでも限界!どんな状態から生活保護を受けれるのか?

生活保護と耳にしたとき、様々なイメージが頭の中を駆け巡るかと思います。
本来、生活保護とは、生活に困窮してしまった方に対し、最低限の生活を行えるように国が手を差し伸べるもの。
これを逆手に取って、不正受給をするなど、どうしても悪イメージが先行しているのが実情かと。
ともあれ、このような実情は横に置いておいて、ここでは「カードローンで借金地獄…この状態で生活保護を受給できるのか?」ということについて触れていきます。

■ケース・バイ・ケースだけど…生活保護を受けることはできる

seikatuhogo

結論から言えば、カードローンでにっちもさっちもいかない状態であっても、生活保護を受けることはできます。
ただし、当然、ケース・バイ・ケースで、受給ができない場合もあります。
受給ができないケースは、やはり「自業自得でにっちもさっちもいかなくなってしまった」という場合です。
分かりやすい例を挙げると、ギャンブル、風俗、過剰な買い物といったところです。
これらは、一種の「働ける状態」のわけですから、生活保護の受給対象にはならないわけですね。
もしこれを許してしまったら、こぞって、遊び呆け借金地獄になり、苦しくなったら生活保護という悪循環を生んでしまいます。
結果、このような場合は、不可能と理解をしてください。
対して、受給が可能な状況というのは「働けない状態で泣く泣くカードローンに頼り、にっちもさっちもいかなくなってしまった」という場合です。
ここまでを読んで気付いたかもしれませんが…結局のところ、生活保護の受給ができるか?できないか?は、カードローンは関係なく「働けるのか?働けないのか?」が重要になってくるのです。
つまり、通常の生活保護の考え方で問題ないということ…カードローンは全く関係がないというわけですね。

■債務整理を勧められる可能性が高いため覚悟は必要

syakkin

ちなみにですが、カードローンの額が大きい場合は、自己破産を含め「債務整理をしてください」と勧められる可能性が高いです。
これは当然のことですよね。
生活保護を受給する前に、借金を何とかできるのであれば、何とかして、少しでも受給額を減らすことが「スジ」ですから。
ただ、少額の融資であれば、何も言われない可能性もありますが。
ここでのテーマは「カードローンでお金を借りすぎてにっちもさっちもいかない」ということが前提のため、少額は切り離して考えていきたいと思います。
となると、債務整理を行うことになることは、覚悟をしておかなければならないというわけです。
過払い金でお金が返ってくる可能性もありますが、そこまで大きな期待をしない方がよいでしょう。
ともあれ、信用情報機関には、債務整理をしたことが、はっきりと記録されることになるため、今後の人生の足かせになってしまうことは理解しておかなければなりません。
(数年間、クレジットカード、カードローン、自動車ローン、住宅ローンなどは、まず利用できないことになるなど)

■借金返済に生活保護のお金を使っても問題はないのか?

atm

カードローンの債務整理を行わずに、生活保護を受給できた場合、その生活保護費を返済に回しても問題はないのか?という点にも触れていきたいと思います。
結論から言えば、返済資金にしても問題はありません。
良心の問題はあるものの、法律上は、借金返済に使ったとしても、何ら問題はないのです。
そもそも、パチンコを始めとしたギャンブルに利用することも問題はないですからね(モラルの視点でみれば完全にNGというのが一般論ではありますが…)。
ただ、あまりにも借金返済の額が厳しい場合は、やはり先のお話と同様、自己破産を含めた債務整理を勧められます。
借金額が小さいとはいえ、生活保護費を圧迫し増額を希望されてしまっては、行政側としても困ってしまいますからね。
であれば、大元を絶って、少しでも支給額を増やさないようにするのは、当然のことと言えるでしょう。

■生活保護中にカードローンを利用する場合には注意が必要

omori_lawn-jpg

では、新たに生活保護中に、カードローンを申請し利用することになった場合はどうなるのか?
そもそも、生活保護中に、カードローンの審査が通過するのか?という疑問点がありますが…。
こちらは、ケース・バイ・ケースではありますが、通る場合もあります。
融資される額が非常に小さいという条件があったり、色々と制限が出てくる可能性はありますが、可能は可能です。
となると、生活保護の視点でいうと、収入が増え、支出も増えることになります。
細かい説明は省きますが、端的にいうと「減額される可能性が高い」です。
理由は、単純で、生活保護というのは、基本的には「収入」を中心に物事を考えるからです。
カードローンで新たに借金をして、融資を受ければ、これを「収入」とみなすわけですね。
結果「収入が増えたのであれば、支給額を減らしても問題ないよね」と結論が出されるのです。
したがって、安易に生活保護費だけでは足りないからカードローンで更に借金をするということは、生活保護費を減らすだけの愚行のため、ぜひ「節約」を考えて欲しいところですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする