消費者金融と銀行のカードローンはどちらが審査に通りやすいの?

一般的には銀行のカードローンのが消費者金融よりも審査が厳しいと言われています。

さて、それは本当なのでしょうか?

これは銀行のカードローンは消費者金融よりも、金利が低く、
限度額が高いためになります。
そのため、銀行のカードローンは、審査を消費者金融よりも厳格にしているのでしょう。

一方、消費者金融は銀行よりも金利が高く、限度額が低い傾向にあります。その分、審査の難易度を下げ、借りやすくしている印象ですね。
とはいえ、決して審査がゆるいわけではありません。
あくまで銀行系よりはやさしいというイメージを持たれる方が多いでしょう。

実はこの質問に対する明確な答えはありません。しかし、なんとなくのイメージで銀行カードローンの方が審査が厳しいと思っていて間違いないと思います。

なぜ答えが出せないかというと、理由は二つあります。

一つ目は、銀行カードローンは審査通過率を公表していないことです。
一方、消費者金融は審査通過率を公開しています。

知って損なし!『大手業者の審査通過率』を知って審査を通過しよう!

二つ目は、銀行カードローンの保証会社を消費者金融がやっていたりすることがある点です。
え?どういうこと?と思うかもしれませんが、銀行カードローンの審査は蓋を開けてみると実は少し異なった印象を持ってしまうと思います。
イメージはどうしても消費者金融のほうが審査に通りやすいと思ってしまいがちですが、
銀行カードローンの保証会社は消費者金融が請け負っている場合が多く、審査の通りやすい通りにくいはないのです。

例えば、三井住友銀行はモビットやプロミスが入っていますし、三菱UFJ銀行はアコムがやっています。以下の表が代表的な銀行カードローンの保証会社一覧です。

まずは下の表をご覧ください。

カードローン名 保証会社
三菱東京UFJ銀行カードローン 株式会社アコム
セブン銀行 株式会社アコム
じぶん銀行 株式会社アコム
りそな銀行 オリックス・クレジット株式会社
オリックス銀行カードローン 新生フィナンシャル株式会社(レイクの系列会社)
またはオリックス・クレジット株式会社
東京スター銀行 新生フィナンシャル株式会社
新生銀行カードローンレイク 新生フィナンシャル株式会社
みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》 株式会社 オリエントコーポレーション(オリコ)
イオン銀行カードローンBIG イオンクレジットサービス 株式会社
またはオリックス・クレジット 株式会社
住信SBIネット銀行 オリックス・クレジット 株式会社
またはSMBCコンシューマーファイナンス 株式会社(プロミス)
横浜銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス 株式会社(プロミス)
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス 株式会社(プロミス)
ジャパンネット銀行 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
福岡銀行 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
モビット 株式会社モビット
東京スター銀行おまとめローン 株式会社TSBキャピタル
楽天銀行 セディナ

表だけみると銀行だから審査が厳しいんではないか、消費者金融だから審査が緩いのではないか、と勘違いしがちですが、それは全く違うということを覚えておいてください。
銀行カードローンで消費者金融が保証会社をしている場合は、審査を消費者金融がすると思っておきましょう。
その上で条件をクリアした場合に審査通過が可能になるのです。

消費者金融を利用するにあたって浮かぶこんな疑問

消費者金融を申し込むとなると、浮かぶ疑問は早めに解決しておきたいものですよね。
審査に通りやすいのか?という疑問が解決したのでよくある不安要素をなくしておきましょう。

◇消費者金融のカードを持っているけど、借入をしていなければ問題ない?

例えば、限度額50万円のカードを消費者金融で作ったとしましょう。

この場合、50万円の借り入れをしていることになるかですが、
カードを作っても借入をしていなければ当然、そうはなりません。

ただし、カードを作ったという情報は信用情報機関に記録されることになります。
ですので、利用していなくても「借入」と判断されてしまいます。
それが原因で様々な審査が不利になってしまうなんて、できれば避けたいですよね。

もし利用していないのであれば、ローンカードは解約しましょう。
解約から5年経てば信用情報機関から登録が消されるといわれています。
そうすると、ローンなどの審査に影響は出ないと思われますので、
早めに解約することをオススメします。

◇消費者金融を利用しても住宅ローンを組める?

はい。消費者金融を利用しても住宅ローンを組むことはできます。

総量規制を気にされる方がいるかもしれませんが、
住宅ローンは適応外になります。

たとえ、消費者金融で年収の1/3いっぱいの借入れがあっても、
住宅ローンを組むことは可能です。

ただし、消費者金融の返済を延滞したりすると、
住宅ローンの審査に響きますので注意しましょう。

また、住宅ローンの審査には信用情報の照合がされるため、
5年以内であれば、記録が残っているので
不利に働くことがあるかもしれません。
5年以上経過していればば、カードローンの利用はなくなっている可能性が高いため、
特に問題はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする