通りやすいカードローンはどの会社?審査合格率が一番高い会社はココだ

どのローンが通りやすいのか知りたい方へ

今からカードローンを借りたいと思っている人は、このような考えを持ったことはありませんか?

審査の甘いカードローンはどこなのか」―――――――――――――

カードローンを借りる際、どうしても審査に落ちるわけにはいかないという事情をもつ人も少なくないでしょう。この記事では、カードローンを借りる時に、切ってもきれない関係である「審査」について深ぼりしていきます。

どうすれば審査に合格できるのか

カードローンを使用する場合、最も興味が引かれるのは、審査に合格するかどうかです。カードローンは、銀行と大手消費者金融のサービスが異なります。低金利で借りることができるものもありますが、借り入れが可能でなければ金利なんて無意味に思えてしまいがちですよね。

「カードローンを簡単に借りるにはどうすればいいか?」

「審査を通過しやすいカードローンは何か?

このような疑問をもってインターネット検索する多くのユーザーがいますが、残念なことに審査が緩いカードローンはありません。

カードローンの審査は、一定の基準を有しており、その1つはクレジット情報の参照です。
現在、大手の貸金業者は、貸金業協会の会員であり、貸金業法に基づいた貸付を行っています。
審査の際は、常に個々のクレジット情報を参照し、申請者の現在の債務残高・返済状況・債務整理(自己破産・任意整理・個人再生)の有無・延滞の有無の記録を確認しています。
貸金業法では、総額規制の年間所得のまでしか借りることができないという規制もありますので、総額規制の上限に借りているかどうかはここで確認しています。
そして、信用情報を参照して、融資に問題がないと判断された場合にのみ、融資を受けることができるのです。

審査の合格率は業者によって異なります。

クレジット情報を参照して破産情報がなく、借入残高と返済状況が正常であれば、カードローン借り入れは難しくありません。
しかし問題がある人だとしたら、そうはいかないでしょう。会社によって通ったり通らなかったりするはずです。
なぜ会社ごとに結果に違いがでるのでしょう。実は大手カードローン業者の審査合格率には、会社ごとに大きく違うのです。
同じ人でカードローンの審査結果が異なっているケースが実際に多くあります。つまりA社では合格してB社で落ちたという事例が確認されているのです。これは、融資審査の基準が会社によって異なり、合格率が大きく異なるためです。
高い審査合格率のカードローンを選択した場合、必然的にローンを合格する可能性は高くなるでしょう。実は合格率は企業によって発表されています。主要な消費者金融によって発表された審査の合格率を比較してみましょう。

消費者金融カードローンの審査合格率の比較

大手消費者金融会社はカードローンの合格率に関するデータを世間に公表しています。実は誰でもどのカードローンが、審査合格率が高いローンなのかを把握することができるのです。
どのカードローンにすればいいかお探しの場合に役に立つことでしょう。

主要消費者金融の審査合格

・アイフル 44~49%
・アコム 45~49%
・プロミス 42~45%
・レイク 33~38%
・モビット 合格率データなし

なぜ合格率に差が出るのか

5つの大手消費者金融の審査合格率をご紹介しましたが、合格率に大きな差があったことを理解いただけたと思います。
最高の合格率はアコムであり、平均通過率は45~49%でした。これは非常に高い数値です。アコムを申請した人の約半数が審査を通過する計算になるからです。
銀行のカードローンは一般的に審査合格率が15~20%であると言われていますので、いかにアコムの合格率が高いかがわかります。アコムの次に高い合格率を誇る消費者金融がアイフルでした。
アイフルは、貸金業法の改正後も銀行の傘下には入っていない消費者金融です。
借り手の返済不能案件が増えてきたことや、過払い金請求が増えたことにより経営が危険になった会社は軒並み銀行に吸収されました。しかし、アイフルだけは生き残ったのです。いまだに積極的なローン融資を行っていることが合格率からもみてとれます。
レイクは他の会社と比較して審査の合格率が非常に低く、平均で33~38%でした。これはレイクが新生銀行のカードローン商品という位置づけになったためと考えられます。先ほど紹介した通り、銀行系カードローンの審査合格率が厳格です。同じく銀行系カードローンであると考えれば、合格率はそこまで悪くはないという見方もできます。

まとめ

以上、カードローンごとに合格率が違うという事実について紹介させて頂きました。
「審査が甘い」「審査が緩い」というカードローンは存在しませんが、合格率が高いカードローンは存在することを理解していただけたと思います。今後カードローンを利用する際は、今回ご紹介した情報をぜひご参考ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする