銀行と消費者金融の違いとは?オリックス銀行とプロミスを比べてみた

お金を借りるとき、真っ先に思い浮かべるのは銀行カードローンが消費者金融ではないでしょうか?
銀行カードローンは審査が厳しい、消費者金融は審査が甘いといった噂はありますが、その真相はあまり知られていません。

今回は、銀行カードローンと消費者金融の決定的な違い、そしてその二つを代表してオリックス銀行とプロミスをそれぞれ比較してみました。

■銀行カードローンと消費者金融の違い

銀行カードローンと消費者金融は両者ともお金の貸し借りをするという目的は同じです。
では、銀行と消費者金融の大きな違いはどこにあるのか?
それは「総量規制の有無」です。
総量規制とは、総量規制は「銀行以外の貸金業者に対して年収の3分の1までしか貸し付けを行ってはならない」というものです。
つまり、銀行側は総量規制の対象外ですが消費者金融は総量規制の対象になります。
そうなると誰もが総量規制の対象外である銀行カードローンを利用したいです。
しかし審査が厳しいといわれていてそう簡単に利用できるとは限りません。一方、消費者金融は審査通過率も公開しているため、どれくらい審査に通っているか知ることができます。

■オリックス銀行カードローンとプロミスを比較!

では、代表例としてオリックス銀行とプロミスの比較をしてみましょう。
まず、大きいのは総量規制の有無です。
オリックス銀行のキャッシングやカードローンは対象外ですが、プロミスのような消費者金融などにはこの規制が適用されています。
裏を返せば、銀行系でないのに総量規制がない業者とは絶対に契約してはいけません。

次に、銀行のキャッシングやカードローンは審査が厳しいと言われる分、金利がとても低いです。
審査により貸付する人を選んでいますので、銀行側のリスクを考えても低い金利で貸付しても利益が還元されるという仕組みです。

そして、銀行と比べるとプロミスなどの消費者金融のキャッシング、カードローンは融資までの期間がとても短いです。急にまとまったお金が必要な場合、確実な即効性を選ぶならプロミスに軍配が上がります。

更に審査の早さについて言えば、初回の融資でもオリックス銀行カードローンだと契約自体に数日がかかるので振り込まれるのも数日を要します。
しかし、プロミスではWebで契約まで出来るので、平日の14時までなら即日の融資が可能になっています。
プロミスの借り入れは、比較的金利が高い借り入れであり限度額そのものが低い小口融資が大抵の場合なのでカードローンで多くの借り入れを考えている方には不向きであると言えるでしょう。
それに加え、プロミスでの借入は総量規制の対象として年収の3分の1以上は借りられません。
まず金利で考えるなら、低金利であるオリックス銀行のカードローンの方が長期的な借入を視野に入れた使用方法では最も適しています。
その借入額も最高で800万円まで借りることができるという点を考えれば、フリーローンにも負けない融資額です。

対して融資スピードに優れている分、金利が高いプロミスなどの消費者金融は短期の小額の借入に適していると言えるでしょう。
銀行であるオリックス銀行のカードローンと消費者金融のプロミスを更に徹底的に調べてみましょう。
まず、オリックス銀行カードローンの特徴は比較的低金利でありプロミスに比べ借入限度額が大きいことです。
カードローンでもキャッシングでも借入額が大きければ、その分かかる金利そのものが大きくなるので金利そのものが低金利ならば借入額の最終的な総額は減ります。
例えば、業者による違いを考慮しても800万円を金利10%で借りるのと5%で借りるのとでは最終的な返済額が異なってきます。

オリックス銀行カードローン プロミス
金利 1.7~17.8% 4.5~17.8%
限度額 最高800万円 1~500万円
総量規制 対象外 対象
申込方法 インターネット インターネット
プロミス自動契約機
三井住友銀行ローン契約機
店頭窓口
電話
郵送
審査時間(最短) 最短即日※申込みの時間帯によっては当日中の審査が難しいことがあります。 最短30分※申込みの時間帯によっては当日中の審査が難しいことがあります。
融資までの時間(最短) 最短即日(契約完了後、最短即日融資可) 最短1時間
お試し審査 × ○(4項目)
振込みによる借入れ 申込方法 電話
インターネット
電話
インターネット
当日中の借入れ
手数料 無料 無料
提携ATM(銀行・コンビニ)からの借入れ 主な提携ATM 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
手数料 無料 利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
おまとめローン 貸金業法に基づくおまとめローン
無利息期間 × ○初回借入日の翌日から30日間(初回のみ)

※ただし、メールアドレスの登録とWEB明細の登録が必須です。

返済期日 10日
末日
5日
15日
25日
末日
インターネットからの振込みによる返済 対応金融機関 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行
みずほ銀行
楽天銀行
利用可能時間 24時間
手数料 無料
提携ATM(銀行・コンビニ)からの返済 主な提携ATM 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
手数料 無料 利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
(三井住友銀行は手数料無料)
その他の返済方法 口座引落
振込み
店頭窓口
プロミスATM
口座引落
振込み
コンビニ
(※1)

※1:ローソン、ミニストップ、ファミリーマート

■まとめ|長期は銀行カードローン、短期は消費者金融?

このことから、銀行カードローンは借入額が大きく長期的な返済を前提とする場合に向いています。
借入の運用方法として、借入限度額そのものが大きい為おまとめローンなどの高額ローンに適しています。

では、プロミスのキャッシングの特徴について言及します。
オリックス銀行カードローンと比べ、プロミスの金利は4.5~17.8%と高めの設定であり高額の融資を長く借りていればいるほど返済額は高くなります。
プロミスが短期の借入に向いているのには、サービスとして条件を満たすことで30日間の無利息キャッシングを利用することができるという点にもあります。
この運用方法ならば、小額を無利息キャッシングの期間内で借入し返済すれば利息はかかりません。
オリックス銀行とプロミスを比べ、どちらにもメリット・デメリットが存在します。
自分が目的とする借入額などから、借入をする業者を選びしっかりとした返済の計画を立ててから借入をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする