カードローンもAIの時代に!?解析して最適なプランを届けるサービスとは

AIという言葉をご存知ですか?
少し前の時代から、よく耳にするようになってきた人工知能のことで、今もなお研究が進められている技術です。
映画のテーマになったり、自動車に搭載して自動運転をさせようとしたり…医者の代わりに治療方法を考えてみたり…将棋ソフトになってみたりと。
実に様々な分野で大活躍をしています。
そして…このカードローンの世界でも実はAIサービスが始まりつつあることを知っていましたか?

■進化するカードローンサービス

 ai
いきなり余談で申し訳ないのですが…2016年冬現在、検索エンジンで「カードローン AI」と検索すると…とあるカードローンサービスがヒットします。
芝信用金庫が提供しているカードローンサービスで、正式名称は「アイ」です。
つまり、エーアイと読まないようです。
500万円までの融資が可能で利率は「4.5%(500万円コース)~6.8%(100万円コース)」となっています。
意外と金利が低いため魅力的なサービスと言えるでしょう。
ただし、利用資格が年収300万円以上で現勤務先に2年以上在籍しているという、なかなか厳しい条件となっていることがデメリットでしょうか。
(東京・神奈川・埼玉に在住している人が対象のサービス)
さて、話を戻していきましょう。
今回、紹介するAIサービスですが、具体的に言うと、利用者が、より利用しやすいようにどのようなサービスを提供したらよいのか?を自己判断するようなものになります。
NECと、横浜銀行、浜銀総合研究所が協力をしあって、2016年8月末に発表した内容となっています。
簡単に説明をすると、2016年6月「NEC Advanced Analytics – RAPID機械学習」機能を使って、「利用者が求めている資金ニーズに効果的に答えるようにする」といったものです。
自身で書いている最中ながら…全く簡単に説明ができていないなと…実感しています。
もっと噛み砕いて…誤解を恐れずに説明をするのであれば…「現在限度額が50万円だけど、AIが利用状況を確認したら100万円にした方がいいよ!と言っている」というようなものです。
合わせて、「AIが独自に審査をしてみたら100万円までなら審査も通るって言っている…だから増額してみる?」というところまで、利用者に知らせてくれるようになります。
つまり、その利用者の適性の限度額を独自に算出(審査も含める)して、増額・減額をするか?の案内を自動的に出してくれるイメージです。
まだまだ、ここまで出来ていないようですが、AIの研究が進めば進むほど、この精度がかなり上がってくると言えるでしょう。

■AIが導入されるとどのように変化するのか?

sunadokei
カードローンのサービスにAIが本格的に活用されることは、まだまだ先の話になりそうですが…。
もし本格的に導入され始めたら、どのようにサービスは変化していくのか?と気になるところですよね。
あくまでも個人的な見解という前置きさせて頂きますが、やはり「審査」の部分は非常に大きく変わる可能性があります。
今は「様々な申込要項を記載し、身分証明書など提出して、保証会社が審査をする」というのが大きな流れになっています。
昨今、1時間程度でカードローンのサービスが利用できる時代になっており、スピード感が非常にあります。
しかし、日本貸金業協会が行ったアンケートの結果を見てみると、多くの人が、もっとスピーディーに審査を行って欲しいという要望が上がっているのです。
ネックとなっているのは「様々な申込要項を記載する」という部分が1つ。
記入することが多すぎるため面倒と言っているわけですね。
もう1つが、審査が遅いという意見も多かったです。
1時間程度でも、まだまだ遅いと感じている人が非常に多いわけですが…AIを導入すると、それこそ本当にものの数分で完了する可能性があります。
こうなるためには、AIの力だけではなく、ビックデータだったり、信用情報もAIに参照できるようにする必要がありますが。
ただこれらが参照できるようになれば、AIが情報を解析して「○○万円までなら融資が可能」と即座に判断をしてくれるようになるわけです。
結果、ものの数分でサービスが開始できてしまうのです。
また、消費者金融や保証会社も、審査や書類確認をする手間が省けるようになるため、人件費削減にも繋がってきます。
AIが本格的にサービスを提供し始めたら、審査に関する内容だったり、融資額だったり、様々な場面で大きく変化する可能性があるのです。

■まとめ:利用者側視点は「より使いやすいサービスになる」

kinyuu
ともあれ、最後に一言でまとめると「利用者としては、よりサービスが利用しやすくなる」という状況になると予想されます。
先程の、審査のスピード感も1つのメリットですが「適正な融資額」というのが、客観的に算出されるという大きなメリットもあります。
借りすぎないという予防線を張ることができるわけですから、利用者としては安心感が大きくなると言えるでしょう。
また「増額しますか?」のような問い合わせも的確なタイミングで出来たりする可能性もあるため、業者側も効率的に融資額を増やして利益につなげることが可能に。
利益が効率的に上げられるようになれば、その分サービスの充実度が増す可能性も。
と、このようにAIがカードローンサービスに導入されると…至れり尽くせりの状態になるかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする