年収以上の借入は可能なの?例外・保証人なしはある?

消費者金融や銀行カードローンの審査で重視される項目が、「収入」です。

他にも他社からの借入や勤続年数などの重要項目がありますが、返済の原資となる収入はやはり、審査での最重要項目です。

■消費者金融では年収の3分の1以上の借入ができない

xy

消費者金融お金を借りるとき、年収の3分の1以上のお金を借りることはできません。

これを「総量規制」と呼び、消費者金融の他、信販会社やクレジットカードのキャッシングにも適用されます。

仮に年収の3分の1以上のお金を科そうものなら、その貸金業者は法律違反で捕まってしまいますので、消費者金融としても、総量規制を超えないようにすることは非常に重視しているのです。

■専業主婦は例外として認められている

sengyousyuhu

専業主婦には収入がありません。

専業主婦の仕事は掃除や洗濯、炊事などの家事ですが、家事に通常報酬は発生しません。

そんな収入がない専業主婦ですが、ごく一部の消費者金融や銀行カードローンでは、収入ゼロの専業主婦でもお金を借りられます。

ただし、専業主婦単独ではどうにもならず、そこには配偶者の力を借りなければなりません。

配偶者の収入を「みなし年収」として、専業主婦でもお金を借りられるようになっています。

とはいえ、借りられる金額は多くても30万円程度です。仕事をしている主婦と何もしていない外で仕事をしていない専業主婦は借入額も大きな差があります。
加えて審査の通りにくさも関係しています。

■年収以上の借入ができるケース

odoroki_men2

年収以上の借入ができるローンとしては、住宅ローンやマイカーローンなどが挙げられます。
住宅ローンやマイカーローンとカードローンの決定的な違いは、担保や保証人の有無です。

住宅ローンを利用する際には、住宅を担保にした上で保証人を付けなければなりません。

万が一の保険を2つ付けることで、住宅ローンは年収以上の貸付を可能にしています。

マイカーローンには保証人がつきませんが、担保として車を設定します。

マイカーローンや住宅ローンに限らず、担保や保証人を設定すれば、年収以上の借入をすることも可能です。

■普通のカードローンは、担保や保証人を設定できない

hukugyou

それならば、カードローンも担保や保証人を設定すれば、年収以上のお金を借りられるようになるのでしょうか。

結論から言いますと、それは非常に難しいことです。

カードローンと住宅ローンはそもそも違います。ですので、年収以上を借入することはカードローンでは厳しいと思っておいてください。

【担保や保証人の審査は手間がかかる】

住宅ローンの融資が即日融資と行かないのは、本人審査以外に、担保や保証人の審査に時間がかかるからです。

特に担保の審査は、それが住宅であるならば周辺の相場をチェックするなどの作業が必要であり、かなりの手間と時間がかかります。

普通のカードローンでそこまでの手間をかけるのは、あまりに非効率的ですので、ほとんどのカードローンでは「無担保無保証人で借りられる」、というより「担保も保証人も付けることができない」ようになっているのです。
カードローンはまだ少額で審査を早めにするという目的があり、保証人を含めた審査に対応する予定は今後もないと思われます。
審査の関係で、高額になることが予想される住宅ローン

■担保を設定できるカードローン

しかし、中には担保を設定することで多額の借入を可能にするカードローンがあります。

【三井住友信託銀行の『わが家の味方』】

三井住友信託銀行には、「わが家の味方」と言うカードローンがあります。

これは、三井住友信託銀行で住宅ローンを利用している人向けの住宅ローンで、限度額は最高1000万円、金利は年1%~2.675%とかなりの好条件です。

保証人は必要ありませんが、自宅を担保として設定することにより、年収以上の借入も十分に可能です。

【定期預金を担保に借りる定期預金担保貸付】

もう一つは、定期預金を担保に借りられる「定期預金担保貸付」で、多くの銀行で実施されています。

定期預金を担保にキャッシュカードを使ってお金を借りる仕組みとなっており、実質カードローンのようなものです。

金利は定期預金の約定金利プラス0.5%、限度額は定期預金の残高ですので、定期預金の残高が年収以上あれば、年収以上の借入が可能です。

■まとめ

いかがでしょうか?

年収以上のお金を借りる方法もなくはありませんが、借りるからには返済しなければなりません。
カードローンは担保も保証人も用意しなくてよいので楽に借入ができますが、住宅ローンなどはそうもいきません。
簡単に借りることができるからこそ、自己管理をしておかないと多重債務に苦しむことになってしまいます。
その一つとして、年収以上は絶対に借りない、理想は年収の3分の1以下を意識しながら上手にキャッシングを行ってくださいね。
年収以上のお金を借りて返済するのは容易でないことは、肝に銘じておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする