auひかりを利用していたので、じぶん銀行借り換えローンを選んだ

正直、カードローンを検討するまでじぶん銀行のじぶんローンがそんなにお得だと思っていませんでした。
ネット銀行の口座として使っていましたが、カードローンは他の銀行カードローンを利用していたからです。
2社から借入をしていて、借り換えを検討し始めて辿りついたのが「じぶん銀行」だったのです。
今回は自分の経験も含めじぶん銀行の借り換えがどのくらいお得かを伝えていきたいと思います。

私のプロフィール
・性別:男
・年齢:35歳
・職業:大手広告会社・部長
・年収:700万円

カードローンを検討したきっかけ

まず、カードローンを利用していた理由としては、明確だったのは父親の入院でした。
仕事が忙しくあまり見舞いには行けないので、入院費用は何とかしてやりたいという気持ちからでした。
それに関して後悔もしてませんし、むしろ「カードローンって意外と便利なものだな」とわかってきた気がしました。いまではカードローンに感謝しています。
お金が足りない時に友人を頼るのも違う、家族も頼れない、となるとカードローンです。
金利は高いといわれていますが、お金を借りるのに低金利な方がおかしいです。
個人的にはそれだけの信用がなくても貸してくれるのですから。
カードローンは高金利といわれていますが、それでも14~18%ほどです。充分おまけしてくれていると思いますよね。カードローンを受けた人の審査通過率も高いです。

そして、借り換えを検討したきっかけはじぶん銀行の方がかなりお得になると思ったからです。
結婚を機に新居へ引っ越し、電気・水道・ガスなどの公共設備やら、ネット回線やらを登録しているときに、自分はじぶん銀行を持っていることをなんとなく思い出しました。
契約するのはauひかりと決めていたので、じぶん銀行のカードローンはどういった特典があるのかと確認すると、今より断然お得になることが発覚
引っ越しついでにカードローンも借り換えてしまおうと思い、早速申し込むことにしました。
しかし実は、借り換えローンは意外と申し込み条件や準備が大変でした!引っ越し時期と審査時期が重なっていたのでバタバタでした。申し込む際は少し余裕を持ってすることをオススメします。

じぶん銀行の借り換えローンの条件とは?

まず、条件は「毎月月末の判定日にau IDが有効になっていること」が必須です。
始めだけではなく、毎月有効になっていなければなりません。ですので、初めの月に認識したら解約してもau割が使えるというわけではありません。
毎月判定日が月末にあるので、その日に有効になっていないと使えません。
解約する予定がなければ、この点は問題ないでしょう。
そして次に、自分はおまとめ・借り換えを希望していたので、その条件について触れていきます。

申し込んだら審査が行われます。そこで、融資額が100万円を超えていなくても、「100万円以上の限度額の審査」に通っていなければなりません。
つまり、「低金利になるには100万円以上の限度額の限られた人である」という意味です。
審査結果はいつでもドキドキです。
受験の合否を確認するときのような気分でした。

しかし準備は万端。借り換えローンは、他社借入件数が多い場合は解約してもらい、その解約証明書を提出しなければならない場合があったり、収入証明書を用意しておかなければならない場合があったりしますが、自分は特に何も言われませんでした。
心のどこかで「通る」という手ごたえを感じていました。
そして、結果はOK

借入額は70万円だったので100万円以下でしたが、100万円以上の融資額でも大丈夫という信用を勝ち取りました!
金利は個人によりますが、自分の場合は8.5%でした!カードローンを知っている人はわかると思いますが、だいぶお得です。なかなか10%以下の人はいないと思いますよ。

まとめ|まだまだこれから!だけど利用して良かった

晴れて借り換えローンに成功した私ですが、これは第一関門。
両親の入院や結婚生活、じぶん銀行じぶんローンとは長い付き合いになりそうです。

じぶん銀行はいろんな良いトコ取りをしている銀行だと思うので、いろんなものを揃えていけてよかったです。
電気もやろうかなと検討中です。auでんきもCMで目にする機会が多く、ここまで来たらそのほうがお得かなと思うので・・
めでたくこれで携帯・ネット・カードローンがauになってしまいました。(笑)

まとめて長く使うと、それだけお得なことも多いので、相当良いところがないと当分は変えないと思います。なかなかすべてをauにするのは難しいかもしれませんが、単発で使う分でもお得なものはあるので、利用して良かったと思います。
カードローンは利用しやすくなりましたし、100万円の借入枠があればかなり使えますしね。
まだまだこれからですが、とりあえずは一安心。
親父のお見舞いにフルーツの盛り合わせでも持っていってあげようかな。
身体の心配が精いっぱいなので、お金の余計な心配をせずに済んだと思えばだいぶ得でしょ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする