安心してカードローンを利用するためのテクニックを伝授!

カードローンに対するイメージは、どうしてもネガティブなものが多いです。
やはり「お金が無いから借りる」ということになるため、この部分は致し方がありません。
しかし、インターネットの情報を見ていると「住宅ローンが組めない」「信用情報に傷がつく」など間違った情報も。
このような情報が蔓延していることもあり「カードローン=悪」のようなイメージになってしまっていることもあります。
ということで、ここでは、このような間違った情報を正し、安心してカードローンを利用するためのテクニックについて触れていきたいと思います。

■常識の範疇であれば何ら問題ない

 jyuutakulawn
そもそもカードローンを利用したとき、ローンを組むときに不利になるという話がありますが…全くの逆です。
あくまでも常識の範疇という但し書きをしなければなりませんが、これであれば何ら問題はありません。
表現する言葉が難しいのですが…ローンを組むときに影響するのは「返済率」であり、カードローンを利用しているからと言って、否応なしに審査に落とされるわけではないということですね。
したがって、初めて利用しようと考えている人の中で、住宅ローンや自動車ローンに影響するため利用を控えているという場合は、改めて一考する価値はあると言えるでしょう。
もちろん、借りなくてよい状況であれば、借りない方がよいですが…。
まとめると…総量規制の範囲内など、消費者金融業者、銀行、信販会社が提供しているカードローンサービスは、サービスの範囲内で利用している分であれば問題ないということです。
私事で恐縮ではありますが、私自身、以前に住宅ローンを組むときに、カードローンサービスを利用していたため、「審査が通るか?」と非常に心配でした。
銀行員の人に相談したところ「常識の範疇であれば全然問題ありませんよ」と…。
ちなみに、当時、50万円ほどの融資を受けており、毎月1万円の支払いをしていたのですが、何ら問題なく審査に通過しました(もちろん融資までいき住宅購入ができ…今、ローンを返済している最中です)。
◇延滞・債務整理などは厳しいことは間違いない
言うまでもありませんが、見出しに記載した通り、過去に延滞や債務整理があった場合は、当然、審査は厳しいものになってしまうのは致し方がありません。
もし、返済などが難しくなってしまった場合は、家族に借りるなどをして延滞だけは絶対に避けるようにするのも1つのテクニックになります。
兎にも角にも、事故情報だけは記録されないようにしましょう。

■住宅ローンなど「完済」実績がある評価が高いことを意識する

 hirameki_men
さて…カードローンのテクニックのお話をそろそろしていきたいと思います。
それが「完済の実績を作る」というもの。
具体的に言うと、信用情報機関に登録される情報の中には「完済」というものがあります。
完済とは、当然、借りたお金を全て返済することを指します。
例えば「5万円の融資を受けて、次の月に5万円を返済した」とするというだけの話です。
中には「このお金を借りて完済をする」ということを繰り返すと、逆に信用情報的に不利になるのでは?と感じる人もいることでしょう。
確かに、お金が無いイメージが強くなってしまいそうなので、このように感じるかもしれません。
しかし、住宅ローンなどを審査する保証会社の視点は少し違います。
「ちゃんと完済をしてくれる人」とプラス評価をしてくれるのです。
先程も、記載しましたが、重要なのは「事故情報がないか?」「返済率は大丈夫か?」という点です。
したがって、頻繁に借りる回数というのは、さほど重要なものではないということを頭に入れておくとよいでしょう。
例えば、夫婦生活をしている中、夫がお小遣いだけでは足りず、妻に隠れてお金を借りる…ということは、よくある話です。
このときに、しっかりと完済をさせておけば、信用情報的にはプラス評価になるというわけですね。
言い方を換えると、カードローンを利用するときは、可能な限り少額融資にしておき、完済をさせてから、また次を借りるというテクニックを駆使していくとよいのです。

■信用情報以外の部分は「返済率」を意識してお金を借りること

 mansatu
カードローンを利用する上で気を付けておきたいものが、何度も登場してきている「返済率」です。
融資額によっては、数千円で済む場合もあるため、この場合は大きな影響はありません。
が、「早く完済をしたい」と思い、数万円の返済をしている人もいることでしょう。
これは正しい選択で、利息の総支払額が少なくなりますし、何より、気持ち的にもスッキリするため問題ありません。
しかし、もし住宅ローンや、自動車ローンを組むときが重なった場合は、銀行員を始め、プロの人に相談をした方がよいと言えます。
理由は単純で、月々の返済額が大きいと、それだけ返済率が高くなってしまうため、審査が通過しないかもしれないという危険性があるからです。
重要なのは「年間を通して、今抱えている借金を無理なく返済をし続けることができるか?」です。
したがって、一時的に返済額を一番低い数字に設定しておくのも1つのテクニックになります。
保証会社によって、判断はまちまちになるため、しっかりと担当の人と相談をして方向性を決めておくとよいかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする