消費者金融の相談は1ヵ月2000件ほど・・・その訳とは

昨今、消費者金融などキャッシングサービスを利用している人は、1,000万人以上いると言われています。
事実、日本貸金業協会が発表している統計データでも、1,000万人以上の利用者が存在していることが証明されています。
さて、今回は、そんな数字のお話で…この日本貸金業協会に寄せられる相談件数について。
この「1,000万人の利用者がいる」ということを念頭に以下を読んで頂けると幸いです。

■相談件数は毎月2,000件という数字が意味することとは?

日本貸金業協会の統計データには、毎月2,000件前後の相談が寄せられています。
この数字が「多いのか?」「少ないのか?」と見たとき…年間24,000件となり、債務者の0.24%の人が相談している計算になります。
あくまでも数字上の話で、同じ人が何回も相談しているケースもあると考えられるため、実際のところはもう少し少ない数字になると言えるでしょう。
主観でお話をさせていただくと、個人的には非常に少ないと感じます。
逆の捉え方をすれば、それだけ上手にキャッシングサービス、カードローンサービスを利用していることになるのかもしれませんが。
つまり相談をする必要がない人が多いというわけですね。
ただ、お金に困って利用しているサービスのため、何処かしら悩みを抱えて居ることは間違いありません。
貸金業界のサービスを利用したことがある人は、分かると思いますが、兎にも角にも、毎月、お金のことばかりを考えてしまい、精神的に疲れていってしまいます。
それにも関わらず、年間1%も満たない人しか相談していないのは、やはり気になってしまいます。

■悩んでいる人の多くは「相談しても意味がない」と感じている

先のお話の論調は「もっと相談した方がよいのでは?」という視点となっています。
このような視点になるのは「もっと相談しましょう!」のようなコンセプトで、日本貸金業協会や行政が動いているからです。
つまり、なかなか成果が上がっていないのでは?と、厳しい言い方になってしまいますが、感じてしまったからです。
ただ、色々と相談してもらうように、試行錯誤しているのも事実のため、なかなか成果が上がらないのは、他にも原因があると見るのが懸命かもしれません。
そして、思い当たる節があるのです。
それが利用者側が「相談をしても意味がない」と思っているということ。
つまり、相談したところで、借金している額が少なくなるわけではありませんから…。
となれば、融資を受けてお金の悩みを抱えたとしても、面倒と思ってしまい、相談をしないわけですね。
実際、私自身も、融資を受けていた立場の人間ですが、悩みを解決したのは、とあるきっかけであって、決して、この手の相談窓口を利用したからではありません。
最初から、このようなことを選択肢に入れていないため、0.24%という数字になってしまっていると考えられます。

■相談して解決策を提示されても実行するパワーがない

nayamu_men2
もう1つ「相談しない」という理由が考えられます。
それが、解決策を提示されたとしても、それを行うだけのパワーが出てこないということです。
どうしても、心の何処かで面倒と感じているため、どのようなアドバイスを貰っても、なかなか実行に移せないのです。
例えば、相談担当者が「月々の支出を抑えましょう」とアドバイスされたとしても「そんなことは分かっている…実行に移すと節制することになるから面倒でストレスが溜まる」と言ったイメージで。
結果、「余計なお世話」と、逆に敬遠をしてしまうわけですね。
もちろん、このような考え方をする人ばかりではないことは間違いありませんが、横着なお金の借り方をした人は、このような傾向になることが多いのも事実です。
ともあれ、何をどのようにアドバイスをしても、結局のところ「アドバイス通り動くの面倒だからやりたくない」と考え、相談することすら面倒になり、借金苦から脱却ができないのです。

■まとめ「本当に完済をしたいのであれば相談するべき」

hirameki_men
ということで、大きな要因としては「借金額が減るわけではない」ということで、相談をしないことが多いことになると考えます。
しかし、借金額を減らしたいのであれば、なおさら相談すべきと言えます。
理由は至極単純で、お金の使い方、お金の考え方などのアドバイスを貰うことができるからです。
「支出を抑えろ」と高圧的な言い方ではなく、もっと具体例を出して、抑えることができそうな部分を提案してくれます。
他にも借金をしてしまう理由が、ギャンブルであれば、ギャンブルから抜け出す方法だったり、依存症であれば、カウンセラーを紹介してくれます。
過払い金請求で得たお金で、返済をしてみては?などなど、とにかく相談窓口で連絡を待っている人たちは、その道のプロです。
人が何故、お金を借りてしまうのか?という精神的な部分もしっかりと理解してくれています。
結果、親身になってくれることは間違いありません。
中には、この心のつながりだけで、解決に向かう人も実際のところいます。
ダメ元でもよいので、借金に悩んでいる人は、ぜひとも日本貸金業協会の相談窓口に連絡してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする