ローンカードなしで利用できる嬉しいサービスを取り入れる業者3選

最近の消費者金融や銀行カードローンを見てみますと、インターネットに力を入れています。
自社ホームページから会員サービスにログインすれば、各種手続きがオンラインで可能になります。
インターネット経由で新規契約をすることだってできます。
インターネットにつながる端末も、従来のパソコンやガラケーに加えて、スマートフォンやタブレット端末からも接続可能です。

■カードレスのカードローンにはメリットがいっぱい

それならば、わざわざローンカードを発行しなくてもインターネットですべて完結できるのでは、との考えから始まったのが、「カードレスのカードローン」です。
矛盾しているようですが、カードいらずでお金を借りたり返済したりできるという意味です。
カードレスのカードローンには、メリットがたくさんあります。

【すぐに利用できる】
すぐにでもお金を借りたいときに最ももどかしく感じるのは、ローンカードが自宅に郵送されるまでの時間ではないでしょうか。
他の手続きはスピーディーにできても、こればかりはどうしようもありません。
自動契約機や店舗窓口ならばその場でカード発行まで完了しますが、近くに店舗や自動契約機があるとも限りません。

しかしカードレスならば、カードの郵送という物理的な手続きをなくすことができますので、すぐにお金を借りられるのです。

【紛失や盗難のリスクがない】
ローンカードを持っていて最も注意しなければならないのが、紛失や盗難のリスクです。
万が一ローンカードの紛失や盗難があると、不正利用される可能性があります。
それを止めるためには、ローン会社や警察に届を出せばいいのですが、時間や労力が結構かかります。

カードレスならば、そもそも紛失や盗難の可能性がゼロです。

【バレる可能性が低い】
自宅にローンカードが届いたり、自動契約機に足を運んだり、ローン会社のATMに返済をしていたり、これらを他人に見られたらカードローンを利用していることがばれてしまいます。

カードレスならばこれらの手続きはありませんので、ばれる可能性は限りなく低くなります。

【デメリットは・・】

一方で、一見便利に思えるカードレスのカードローンも、ATMが利用できない、申込の際に用意する書類が結構面倒、などのデメリットがあります。
必ずしも現金を必要としない、口座にお金が入っていればそれでいいという方でしたら、カードレスのカードローンは有力な選択肢となるでしょう。

こんなにもカードレスのメリットは多いのです。ローンカードがないことによってもたらされるデメリットよりも、メリットの方がはるかに多いと思うのは私だけでしょうか。

■主なカードレスのカードローンを紹介!

ここでは、カードレスのカードローンを提供している主な業者を紹介します。

【三井住友カードゴールドローンカードレス】

まず紹介するのは、クレジットカードでおなじみの三井住友カードが提供するカードローンです。
借入及び返済方法は、インターネット、モバイル、電話のみで、登録してある口座を使った取引となります。
カードを発行せずに振込専用としたことで、通常のゴールドローンと比べて低金利を実現させています。
平日の8時50分~14時49分までに申し込みをすれば、最短で即時振込が可能です。

【オリックス・クレジット カードレスVIP】

次に紹介するのは、オリックス・クレジットのカードローンです。
こちらも三井住友カードと同様、カードありの「VIPローンカード」よりも上限金利0.2%の金利オフを実現させています。
限度額の少ない人や初めて利用する方にはありがたいですね。
VIPローンカードに付帯している会員限定サービスや、カウンセリングサービスにパーソナルセンターは、もちろん利用可能です。

【モビットのWEB完結】

モビットには、「WEB完結」という方法があります。
借入や返済をインターネットや電話を使った口座取引にしているのは、他のカードレスカードローンと同じです。
WEB完結最大のメリットは、在籍確認がないということ。
勤務先の確認書類や収入を証明する書類などを提出することにより、在籍確認を不要にしています。

■まとめ|カードレスは一つの選択肢

いかがでしたか?

カードレスで利用できる業者を3社紹介しました。
ローンカードがないとリスクは減りますが、ATMを利用することができないなど、いくつかデメリットがあります。ローンカードを郵送で送られるのに困る、とにかく時間がないなどといった急ぎの用事や周囲にバレることを避けたい場合は便利です。
ただし、やはりATMで利用できないなどのデメリットは大きいので、相当の理由がなければカードレスでなくても良いと思います。
なんだかんだカードレスは不便な点が目立ちますからね。
しかし、インターネットですべて完結できるといったネットを駆使していらっしゃる方は必要ないというのもわかる気がしますね。

一つの選択肢として、カードレスならではのメリットを考えるようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする